町田版 掲載号:2012年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

町田市 災害管理を一元化 被害状況などの情報を庁内共有

パソコンの画面上に被害情報登録が可能。報告日時、報告者、連絡者、連絡先、住所、緊急度、被害状況、被害画像を打ち込み、情報を共有。住宅地図で詳細な被害場所も確認ができる(3月1日 取材)
パソコンの画面上に被害情報登録が可能。報告日時、報告者、連絡者、連絡先、住所、緊急度、被害状況、被害画像を打ち込み、情報を共有。住宅地図で詳細な被害場所も確認ができる(3月1日 取材)

 町田市は災害発生時に情報の一元的な管理を行う「町田市防災システム」の運用を3月1日から開始。災害時の町田市民の被害状況、町田市役所職員の安否確認などの情報共有が庁内で可能となった。

-・-・-・-・-・-

 主な機能として「被害情報管理」「職員安否確認」「備蓄品・防災設備管理」の一元化がされた。

 町田市に寄せられる災害時の被害状況をシステム上に報告。電気・水道・学校や施設といった建物の状況などを記入することで、事業ごとに状況を把握。迅速な対応が可能となる。また、地図情報に住宅地図を採用しているため、詳細な災害場所が分かる。

 また、職員の安否確認をメールで送受信できるなど、職員同士の状況も共有。メール集計も行える。

 さらに水や食料、防災品といった備蓄品・防災設備の管理をシステムに登録・更新が可能。備蓄品の数量や発注日なども共有できる。

 同システムはクラウドコンピューティング方式を採用。サーバをデータセンターに移し設置したことで、自庁サーバ構造型と比較して罹災リスクが低くなった。

 今回の防災システムの導入は2011年3月に計画が承認。同月に東日本大震災が発生した。「震災によって防災システムがいかに重要であるか思い知らされた。今回の導入でより一層の災害時の迅速な対応と防災に備えたい」と町田市。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク