町田版 掲載号:2012年7月19日号
  • googleplus
  • LINE

町田・デザイン専門学校 小田急百貨店で作品展 7月25〜30日 クラフト体験コーナーも

出品予定の作品と昨年の模様。「毎日使っていただけるデザインを」「いつも持ち歩いてほしい」など学生の熱い思いがカタチに
出品予定の作品と昨年の模様。「毎日使っていただけるデザインを」「いつも持ち歩いてほしい」など学生の熱い思いがカタチに

 昨年、好評を博した小田急百貨店町田店と地元専門学校とのコラボ企画が今年も実現―。今月25日(水)〜30日(月)の6日間、町田・デザイン専門学校による展示即売会が同店8階催物場で開催する。期間中は各学科の生徒が手がけた2000点もの作品が並ぶほか、日替わりの体験コーナーも登場する。

 今年で創立35周年を迎える同校は、グラフィックやWeb・CG、イラストやファッション、ビューティなど、さまざまな分野のデザインを学ぶ専門学校で、12もの学科を携える。そのため、皮製品やいわゆる”デコ”小物、木工雑貨や椅子、イラスト付雑貨やサンプル見本など、期間中は100種に及ぶ作品が並ぶ。

 当日は、第1回となった昨年同様、小田急で60回以上続き、全国からファンが集う人気イベント「趣味の手作り作品大即売会」との同時開催。「(昨年は)出品者同士で商品について話をしたり、そちらの作品も見に行くなど、刺激になったようです。また、欲しい商品や価格帯などじかにお客さんの声をきくことができた」(同校)と振り返る。

 こうした成果をもとに、学生たちは、商品の企画から製造・展示・販売までの全工程を担当。今年はより種類を増やすとともに、手ごろな値段で幅広い年齢層に楽しんでもらえるよう、特にストラップなどの小物の充実を心がけたという。

 また、各日とも午前11時〜午後1時、3時〜5時の2回ずつ、親子でオリジナル作品を作れるクラフトアート体験も企画(各体験は30分程度、定員になり次第締切、参加費420円〜)。各日の制作予定は、25日が家をかたどったストラップ(建築・インテリアデザイン学科)、26日がイラストによるタンブラーや定規などのグッズ(ビジュアルデザイン)、27日がTシャツ(ファッション)、28日がプリザーブドフラワー(フラワー)、29日がバッジや文具などのデコグッズ(ビューティ)、30日は革製のブレスレット(プロダクト・雑貨)となっている。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク