町田版 掲載号:2012年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

玉川大学 LEDで野菜栽培 本格稼働 来年2月販売へ

LEDで育てた収穫間近の野菜(提供写真)
LEDで育てた収穫間近の野菜(提供写真)

 玉川大学(小原芳明学長)はこのほど、LEDを光源として野菜栽培する「Sci Tech Farm」の施設が完成し、来年2月には太陽ではなく、LEDで育った野菜の販売を開始すると発表した。

 この取り組みは、同大学と西松建設株式会社(代表取締役社長・近藤晴貞氏)が今年1月、「産学連携に関する協定書」を締結し、推進してきた事業。「食の安心・安全」に関する消費者ニーズに応える新しい農業ビジネスモデルを構築してきた。

 LEDで野菜を栽培する新しい農業のスタイルが確立することにより、太陽光や白色蛍光灯で栽培した場合と比べて、格段に生産効率や生産物の品質が向上することができる。

 今回完成した施設は、太陽光発電システムを備え、リーフレタスやハーブ類の日産3900株を可能にする構造規模。まずは日産600株システムの稼働からスタートし、2014年にはレタス以外の作物も生産可能な日産3900株システムを稼働させる予定。

 この農業スタイルが確立・定着すると、東日本大震災の被災地でも産業復興策として、また農業を中心とした地域活性策として、多方面から大きな期待が寄せられている。

 今後は、同施設で栽培した野菜を来年2月ごろから小田急線沿線の小売店で販売する予定。

 LED栽培によるメリットは、オートメーションで栽培できるため無農薬で栽培でき、さらに野菜の鮮度が長持ちする。栄養価も向上し、色合いなど見栄え、風味、味などもコントロールすることができる。

 同大学は「農業ビジネスの新規事業開拓と高付加価値な野菜研究・開発・人材育成により、今後も社会貢献に寄与していきたい」と話している。
 

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク