町田版 掲載号:2012年12月13日号
  • googleplus
  • LINE

町田天満宮 被災地支援に新企画 『日待ち梅』復興の日を照らす

「日待ち梅」を手にする池田泉宮司
「日待ち梅」を手にする池田泉宮司

 町田天満宮(池田泉宮司・原町田1の21の5)では、東日本大震災の被災地を支援しようと、太陽の光で色を変える根付(ストラップ)「日待ち梅」をお正月から販売する。池田宮司は「支援の活動が日ごとにトーンダウンしていくことは仕方がないが、自分の中では風化させたくない」と話す。

 同天満宮では、震災直後から被災地を支援しようと岩手県陸前高田市の竹を使った竹炭の飾り物を販売し、義援金を送っていたが、今回の「日待ちの梅」は被災地支援第二弾の企画。

 「未来、つまり明日の朝陽を待つという意味と、被災地の方々が同じように朝日を迎える幸せを感じられる日・復興の日という意味も込めて企画しました」と池田宮司。

 日待ちの梅は紫外線に反応するUVビーズを使用し、以前巫女さんのアルバイトに来ていたジュエリーデザイナーが銀で金型を作成し、台紙は職員らと決めた。白梅だったビーズが太陽の光に当たると数秒で紅梅に変わる。デザインは同天満宮の社紋である加賀梅鉢を使用した。

 「紫外線は女性の肌の敵と言われていますが、太陽は人体にとって、とても大切なもの。それに日本の神様たちの中心である『天照大神(あまてらすおおみかみ)』は太陽神だし、女性神だからね」

 販売は初詣からで、価格は500円。収益は被災地に送られる。

 「できるだけ多くの方に手に取ってもらい、被災地のために少しでもお役に立てられれば」と池田宮司。

 問い合わせは【電話】042・722・2325同天満宮へ。
 

紫外線に反応して、数秒で白梅から紅梅に変化する
紫外線に反応して、数秒で白梅から紅梅に変化する

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク