町田版 掲載号:2015年6月4日号 エリアトップへ

ネパール大地震 石川梵氏「できる支援を」 惨状を報告、救う会設立

社会

掲載号:2015年6月4日号

  • LINE
  • hatena
被災した村で、希望を持って生きている人たちとの触れ合いを収めた写真を紹介した(5月31日)
被災した村で、希望を持って生きている人たちとの触れ合いを収めた写真を紹介した(5月31日)

 4月のネパール大地震の被害や現状などを報告する会を、写真家の石川梵さん(町田市在住)が5月31日、町田市民文学館で行った。「村全体が全壊し、新たな場所で生活している人たちが多くいる。険しい山道で援助物資も思うように届かない場所もある」と援助の必要性を訴えた。6月2日に再びネパールに渡り、現在も取材、支援中。

 石川さんは、大地震の3日後の4月28日からネパールに入り、首都カトマンズだけでなく日本人ジャーナリストとして初めて震源地周辺に踏み入り、その惨状をカメラに収めた。

 破壊的な被害を受けた村の一つラプラック村は、今後訪れる雨季で地すべりの危険があるため、山道を1時間ほど歩いた場所にキャンプ地を作った。

 「キャンプ地に移っても、水場が無いため山道を1時間かけて水を確保しに行く生活。救援物資は思うように届かず、食べ物に窮する状況」と、日本国内での報道が極端に少なくなった今、改めて支援を訴えた。

 4500人ほどのこの村では、もちろん多くの人が被害に遭い、家族や友人が亡くなった人も多くいる。石川さんは「悲しみで溢れるような日常の中に、希望を見出そうとする目や、今の生活でも楽しみを見つけようとする人たち…。とても不思議な時間が流れている」と、人と触れ合いながら取材しているからこそ感じる言葉で話していた。

 この村への支援活動も同時に行っていて、麓の村からラプラック村への援助物資の荷揚げ人夫代、ソーラーパネルの設置などに利用される。振込先は、ゆうちょ銀行からの場合、10110 18404881ラプラック村を救う会、他銀行からは店名〇一八(ゼロイチハチ)店番018 普通1840488同会へ。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

初のeスポーツ大会開く

町田工業高校

初のeスポーツ大会開く 教育

中学生に自校をアピール

11月25日号

賑わい求めて実験開始

町田市中心市街地

賑わい求めて実験開始 社会

2つの通りで1カ月間

11月25日号

まちカフェ活性の一助に

学生おうえん隊

まちカフェ活性の一助に 文化

ネット整備などで活躍

11月18日号

文化庁から功労者表彰

三ツ目囃子振興会

文化庁から功労者表彰 文化

金井獅子舞は都から受賞

11月18日号

新園舎がGD(グッドデザイン)賞

正和幼稚園

新園舎がGD(グッドデザイン)賞 文化

社会課題応える設計 評価

11月11日号

暴力団追放運動に貢献

FC町田ゼルビア

暴力団追放運動に貢献 社会

特別表彰を授賞

11月11日号

あっとほーむデスク

  • 11月25日0:00更新

  • 10月14日0:00更新

  • 10月7日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook