町田版 掲載号:2016年3月3日号 エリアトップへ

官民に広がるテロ対策 ポプリホールでも勉強会

社会

掲載号:2016年3月3日号

  • LINE
  • hatena
自主警備の心得を説明する町田警察署・向川真司警備課長
自主警備の心得を説明する町田警察署・向川真司警備課長

 昨年11月にコンサートホールなどが襲撃されたパリ同時多発テロを受けて一般財団法人町田市文化・国際交流財団(鷲北秀樹理事長)は2月29日、和光大学ポプリホール鶴川に町田警察署を招き「テロ対策」について勉強会を行った。

 勉強会には同財団の関係者ら30人以上が参加し、町田警察署・向川真司警備課長が講師を務め、危機管理対策について話した。テロを防ぐには事前の準備、周知、啓発が最も大事だと説き、それらを日常で定着していくことが必要だと説明した。

 「これまでのテロリストは自分たちの信条・思想を実現するために政治家や国家機関などをターゲットにしてきたが、アメリカ同時多発テロ以降、ターゲットが一般市民に変わった。信条・思想をアピールする手段となった」と現在のテロを分析。町田市内は都内でも多くの乗降者が利用する町田駅のほか、多くの人が集まるスポーツイベント、フェスティバルなどがあり、テロを未然に防ぐ準備はしっかり行っていくべきという。

 テロ対策の勉強会は行政・団体だけでなく、大型商業施設や公共機関などでも多く行われ、高い関心だという。

 同ポプリホールの足立能仁館長は「職員がテロに対して共通の認識をもてたことがよかった。来年度にはテロに対する訓練も行っていきたい」と話していた。

 同財団は、指定管理者としてコンサート施設がある町田市民ホール、和光大学ポプリホール鶴川を運営し、また独自に町田国際交流センターの運営も行っている。

町田版のトップニュース最新6

地元の魅力載る冊子作成

桜美林学園中学3年生

地元の魅力載る冊子作成 教育

生徒取材に地域、市が協力

5月19日号

未来の町田をマイクラで

町田JC

未来の町田をマイクラで 社会

初企画、児童が街を創造

5月19日号

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook