町田版 掲載号:2016年5月19日号 エリアトップへ

町田市 感染症把握システム導入 学校欠席者情報を使い

社会

掲載号:2016年5月19日号

  • LINE
  • hatena

 町田市は11日までに、市内の感染症の予防・早期対応を図るため、市内小中学校に『学校欠席者情報収集システム』を導入した。これにより、市教育委員会や保健所などが感染症の情報をリアルタイムに共有することができ、流行の兆しを早期探知することで、感染拡大の防止を図る。

 今回導入したシステムは、インフルエンザや感染性胃腸炎などの疾病や下痢・嘔吐などの症状別の欠席数をシステムに入力することで市内における感染症の発生・流行情報をシステム上で確認することができるもの。

 国立感染症研究所が開発し、全国に普及を進めているシステムで、町田市では2014年に市内の保育園で先行して導入している。小中学校も導入したことで、より高い精度で市内の感染症の情報が収集できるようになった。

新たな情報源

 これまで感染症の流行は、感染症情報センター、国立感染症研究所がまとめた感染症動向調査を週報として保健所などが発表してきた。また各学校による地域の感染症の有無や兆しは、担当者が近隣の学校に連絡を取るなどして把握してきたという。

連携の強化

 このシステムを導入することで、市、都道府県、全国の情報をリアルタイムで把握することができるようになる。システムで表示された情報は市教育委員会、保健所のほかに学校医、医師会でも共有し、相互に流行の時間的・地域的経過を把握し、教育機関からの症状の報告、医療機関から予防、対策情報の提供などがスムーズになる。情報は町田市内の中学校区域(20区)を最小単位として表示される(一般公開上場は市町村単位まで)。

町田版のトップニュース最新6

選挙契機に地域盛り上げ

選挙契機に地域盛り上げ 社会

「投票所はあっち」の矢印掲げ

1月20日号

住民主導で空き家活用

玉川学園・南大谷地区

住民主導で空き家活用 社会

多世代交流の場に

1月20日号

市内4811人か新成人に

市内4811人か新成人に 社会

成人式、会場開催2年ぶり

1月13日号

都知事 多摩地域を語る

年頭インタビュー

都知事 多摩地域を語る 社会

「多世代が快適に暮らす環境に」

1月13日号

「受診控え」に注意喚起

町田市歯科医師会

「受診控え」に注意喚起 社会

超高齢社会へ向けた取組も

1月6日号

デジタル化 支援と推進

会頭インタビュー

デジタル化 支援と推進 経済

コロナ下で会員増

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月20日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地域共生社会の実現へ

まちだDポータル2021

地域共生社会の実現へ

各事業所の発表をWEB配信

2月12日~2月12日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook