町田版 掲載号:2017年3月16日号
  • googleplus
  • LINE

町田東ロータリークラブ 上履き回収箱を寄贈 大蔵小で寄贈セレモニー

教育

町田東ロータリークラブが寄贈した「使用済み上履きの回収ボックス」を代表児童が受け取った
町田東ロータリークラブが寄贈した「使用済み上履きの回収ボックス」を代表児童が受け取った
 フィリピンの子どもたちに使用済みの上履きを回収して贈るプロジェクトを始めた東京町田ロータリークラブ(小山優会長)。今年は新たに「使用済み上履き回収箱」を作った。それを寄贈し、児童の代表が受け取るセレモニーが、3月6日に大蔵小学校(石井正広校長)の校庭で全児童を前に行われた。

 同ロータリークラブは昨年度からフィリピンのダウンタウンロータリークラブと提携し、「発展途上国の子どもたちのために何か奉仕をしたい」と使用済みの上履きをプレゼントすることを企画。上履きは卒業したり、サイズが合わなくなって買い替えることが多い。「もったいない」の精神のもと、まだまだ履ける上履きを再利用することを考えた。この企画に対し、真っ先に手をあげたのが大蔵小だった。昨年は卒業生を含めて同校児童から73足が集まり、その他市内各所の小学校の協力を受けて集めた分と合わせ、和文と英文のメッセージを添えてフィリピンに届けた。

 回収箱は木製で今年は5個作り、市内の同小をはじめとする5つの小学校に寄贈した。大蔵小では今年卒業の6年生が白い箱に卒業記念として装飾を施し、来年4月7日まで上履き回収に協力していく。児童たちは不要となった上履きをきれいに洗った上で回収箱に入れる。

 同ロータリーとしては今後市内42の小学校へ回収箱を寄贈したい考えだ。また、条件が整えば将来は子どもたちの手で直接現地の子どもに渡せるような機会を設けたいという思いも口にした。

こんな町田を実現させたい!

町田生れ町田育ちの38歳。河辺康太郎

https://kawabe-kotaro.jp

<PR>

町田版のトップニュース最新6件

教育の情報化を推進

町田市

教育の情報化を推進

2月15日号

乗合タクシー運行

相原地域

乗合タクシー運行

2月15日号

「厳しさと優しさ」の親方に

北太樹引退

「厳しさと優しさ」の親方に

2月8日号

大賞は最年少18歳の高専生

ビジネスプランコンテスト

大賞は最年少18歳の高専生

2月8日号

ごみについて考えよう

3R推進イベント

ごみについて考えよう

2月1日号

火災件数100下回る

町田消防署

火災件数100下回る

2月1日号

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク