町田版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

幅広い世代で防災訓練 高齢住民を学生がサポート

社会

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena
三角巾の巻き方を習う住民ら
三角巾の巻き方を習う住民ら

 小山ヶ丘にあるサービス付き高齢者向け住宅「桜美林ガーデンヒルズ」で7日、初めての防災訓練が行われた。同ヒルズは、学生、ファミリー世帯、高齢者が共生する全国でも珍しいコンセプトを持つ住宅として注目を浴びている。

 「地震発生、地震発生。ただ今大きな揺れが観測されました。みなさん、落ち着いて避難してください」―。同ヒルズ構内にアナウンスが流れると、交流棟に急きょ設置された救護所に、簡易タンカを使ってケガ人を運ぶ訓練が始まった。さらに各棟の入居者が集められ、点呼練習や消火器訓練が行われた。

 常駐する看護師が倉庫に備蓄されている非常用の防災グッズを紹介すると、住民らは三角巾を使い、ケガ人への介抱などの訓練を実践した。さらにインフラが使えなくなる非常時を想定し、備品の炭や簡易コンロを使い、住民らで火をおこす炊き出し体験を行った。

 同住宅に入居し、学生スタッフとしてアルバイトをする桜美林大学1年の学生は「普段から入居者の皆さんの安否確認や頼まれごとに応える仕事をしています。せっかく(学生寮と高齢者住宅が一緒になった)このような住宅に入ったので、高齢者と積極的に関わりたいと思い参加しました。福祉の仕事じゃなくても、将来につながると思う」と話した。同住宅の若菜栄治施設長は「訓練しておくのと、しないのでは実際に災害が起きた時の動き方が変わると思う。全体での訓練は年2回、夜間も想定して行います。今後は入居する学生が主体となり訓練を進められるようにしていきたい」と話していた。

町田版のトップニュース最新6

地元の魅力載る冊子作成

桜美林学園中学3年生

地元の魅力載る冊子作成 教育

生徒取材に地域、市が協力

5月19日号

未来の町田をマイクラで

町田JC

未来の町田をマイクラで 社会

初企画、児童が街を創造

5月19日号

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook