町田版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

町田消防署 火災件数100下回る 予防、警戒に力 51年ぶり

社会

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena
昨年11月に開署した新庁舎
昨年11月に開署した新庁舎

 消防署員たちの努力が実った―。昨年1年間(1月1日〜12月31日)の町田消防署(水野晋一署長)管轄内の火災件数は94件。1966(昭和41)年から実に51年ぶりに100件を下回った。今年は継続して火災件数100件を下回ることと、昨年2人だった死亡者数をゼロにすることを目標に掲げる。

 町田消防署管轄内の火災の原因として一番多いのが放火や放火と疑われる火災だという。署員らは消火活動とともに、周辺を巡回し、警戒を強化。また住宅の防火診断にも力を入れた。

 放火の次に多いのが電気火災。電気機器やコードの劣化、誤った使用などが原因となっており、機器を安全に使用するために、異常がないか定期的に点検するよう、呼びかけてきた。

 その結果、50年続いてしまっていた「火災件数100件」を下回ることに成功した。町田消防署は「ただし、2人の方が火災によりなくなってしまった。今年は件数100件以下を目指すとともに、亡くなる人をゼロにするよう、警戒や予防を強化していきたい」としている。放火を防ぐポイントとして、「家の周りの整理整頓」「燃えやすいものを置かない」「車庫や物置などには鍵をかける」「ごみは収集日の朝に決められた場所へ」と挙げている。

 町田消防署は昨年11月に中町から本町田に庁舎を移設。約8000平方メートルの最大級の敷地面積で、消防隊と消防団が連携して訓練が実施できる広大な訓練スペースや、市民が利用できる放水訓練用の地下式消火栓、煙を充満させた建物で消火訓練ができる訓練塔など充実した訓練設備を備えている。「地域と協力し、死亡者ゼロへ」と同署。

 問合せは町田消防署【電話】042・794・0119へ。

町田版のトップニュース最新6

SDGs推進に向けて

町田JC

SDGs推進に向けて 社会

企業・教育・行政視点で考察

6月17日号

2028年開通目指す

鶴川駅周辺南口道路

2028年開通目指す 社会

町田・川崎 両市が連携

6月17日号

ラポール千寿閣が閉館

57年の歴史に幕

ラポール千寿閣が閉館 社会

コロナ禍で苦慮 8月末で

6月10日号

テイクアウトマップ作成

栄通り商店会

テイクアウトマップ作成 社会

会員の飲食店を応援

6月10日号

エジソンメダルを受賞

町田市在住伊賀健一氏

エジソンメダルを受賞 社会

日本人では3人目の偉業

6月3日号

地域の介護 支えて10年

町田市介護人材開発センター

地域の介護 支えて10年 社会

人材の確保と育成に尽力

6月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter