町田版 掲載号:2018年5月24日号
  • LINE
  • hatena

町田市立博物館 “秘術の書”を受贈 世界的に貴重なコレクション

文化

受贈された1612年出版のアントニオ・ネリ著の「ラルテ・ヴェトラリア」イタリア語初版本の表紙=5月9日、町田市役所で撮影
受贈された1612年出版のアントニオ・ネリ著の「ラルテ・ヴェトラリア」イタリア語初版本の表紙=5月9日、町田市役所で撮影
 世界的にも珍しい貴重なコレクションが町田市に――。町田市立博物館(本町田3562)は現代ガラス作家、大平洋一氏から世界最古のガラス技法書とされる「ラルテ・ヴェトラリア(ガラス製造術)」の初版本を含め、89点のガラス関係資料を受贈したと発表した。

 工芸美術に強い館として知られる同博物館。岩田ガラスやボヘミアングラス、中国ガラスなど1000点近くを所蔵し、ガラス工芸の分野では関東随一の公立館として市外にもその名をとどろかす。1980年代から20以上の展覧会を開いてきた。町田市民のみならず、今回のように市外の方から寄贈の申し出を受けることもあるという。

 世界的なガラス作家で東京都出身の大平洋一氏は1973年にヴェネチアに渡り、ヴェネチア美術学校の彫刻科を卒業後、現地のガラス職人たちと共同作業による作品制作を開始。その作品はアメリカのメトロポリタン美術館、ボストン美術館などに収蔵されている。町田市立博物館によると「ガラス工芸担当の学芸員と交流があり、昨年の夏に受贈の申し出があった」という。

 主な受贈資料はアントニオ・ネリ著「ラルテ・ヴェトラリア」の1612年に出版されたイタリア語初版本3冊や62年の英語版初版本、68年のラテン語版初版本、1752年のフランス語版初版本を含む全19冊。資料の貴重性として、国外流出を防いできたヴェネチアの秘術が国外に流出するきっかけになったことがあげられる。この本が出版され、各国語に翻訳されたことで近隣諸国に透明ガラスの作り方や色付け法の秘術が広まり、ヨーロッパでガラス製造がその後の大発展を遂げることになった。

 特にイタリア語初版は国立国会図書館やイギリスの大英図書館にも所蔵されておらず、これだけまとまったコレクションは世界的に珍しい。評価額としてイタリア語初版は200万円ぐらいの価値があり、受贈品の総額は1700万円相当になるという。

 博物館としては様子を見ながら、来年以降には一般に公開したい考えだ。

版を重ねるごとに情報量が増え、絵による説明も
版を重ねるごとに情報量が増え、絵による説明も

町田版のトップニュース最新6件

多摩の魅力、開花へ全力

小池都知事インタビュー

多摩の魅力、開花へ全力

1月10日号

健康寿命延ばす「健口」のために

干支の「亥」を可愛らしく

スヌーピーが来るぞ

南町田にミュージアム

スヌーピーが来るぞ

1月1日号

“伝説”を目撃せよ

ドリームサッカー

“伝説”を目撃せよ

1月1日号

「オール町田で活性化」

新春インタビュー

「オール町田で活性化」

1月1日号

声楽家 谷口艶子

小鳥児童合唱団のメンバーも募集しています

https://muumikoti.exblog.jp/

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月25日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

待望の新譜が完成

まちだガールズ・クワイア

待望の新譜が完成

あやね卒団ライブで先行発売

1月20日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年1月10日号

お問い合わせ

外部リンク