町田版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

町田市 食べきって食品ロス削減 認定制度創設、協力店を募集

社会

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena

 忘年会や新年会など飲食機会が多い年末年始。町田市では現在、食品ロス削減を呼びかける「まちだ☆おいしい食べきり運動」キャンペーンを実施中。来年1月31日まで啓発ポスターの掲示やホームページなどを利用して情報を発信し、「宴会時における食べきり推奨行動」の提案を行っている。

 食品ロスとは、食べ残しや期限切れなどの理由から、本来食べられたはずなのに廃棄されてしまった食品のこと。日本国内での年間の食品ロス量は食品関連事業者から339万トン、一般家庭から282万トンで、合計621万トンが廃棄されている。

 町田市内でも非常に多くの食品ロスが発生していて、市の3R推進課によると、燃えるごみのうち約40%が食品関連で、そのうち約3%弱が未開封・未使用の食品となっている。飲食店での食品ロスの要因も、「食べ残し」がほとんど。宴会時では、出された食品の約19%に相当する1食あたり約150gの食べ残しが発生しているという。

宴会5箇条

 このような結果から、町田市では、「おいしく!残さず!食べきろう!」と訴える「食べきるための宴会5箇条」を作成。市内の公共施設や協力店舗へのポスター掲示(=写真)やホームページなどで情報を発信し、食品ロスを減らすために多くの市民に実践を呼びかけている。宴会5箇条では、【1】参加者に応じた適切な量の注文、【2】開始前に「おいしく食べきろう」と声掛け、【3】お開き前に「食べきりタイム」の導入、【4】食べきれない料理は分け合う、【5】目指すは完食、を提案している。

 また市では、この運動の協力店認定制度を新たに導入。「小盛や半サイズのメニュー設定や、提供量の調節を行う店舗」「食べ残しゼロを呼びかけている店舗」「ばら売りや量り売りなど、適量購入につながる食料品を販売する店舗」「割引など、完食に対する特典やサービスを行う店舗」などの取組みを行う市内飲食店、食品販売店、宿泊事業者を募集している。

 認定された事業者には食品ロス削減に向けたステッカーやポスター、卓上スタンドPOPなどを配布するほか、ホームページやチラシで取組内容の周知・PRを行う。

 問い合わせは3R推進課【電話】042・797・0530へ。

南多摩斎場見学&懐石ランチ試食

懐石ランチ無料。香典返し試食や新茶・旬の野菜プレゼントなど嬉しい内容盛り沢山

https://www.toresere.com/

<PR>

町田版のトップニュース最新6

観光資源の魅力を向上

町田薬師池公園

観光資源の魅力を向上 社会

初の夜間ライトアップ

11月14日号

次につながる勝利

FC町田ゼルビア

次につながる勝利 社会

ホーム最終戦に残留かける

11月14日号

全国初の自家用有償運転

鶴川団地 電動カート

全国初の自家用有償運転 社会

公道走り住民の足に

11月7日号

町田の魅力を全国に

地域産業 活性化

町田の魅力を全国に スポーツ

信金ネットワークでPR

11月7日号

駅周辺で駐輪場シェア

町田市

駅周辺で駐輪場シェア 社会

放置自転車対策に注力

10月31日号

桜美林キサイサ圧巻

箱根駅伝予選会

桜美林キサイサ圧巻 スポーツ

3年連続の個人トップ

10月31日号

ゼルビアの名と共に

ゼルビアの名と共に スポーツ

来季は名称、ロゴは現行のまま

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 5月30日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク