町田版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

玉川大学チームTSCP 可能性への挑戦実る ソーラーカー・ラリーで部門優勝

教育

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

 玉川大学「TSCP」チームが8月7日〜10日に秋田県大潟村で開催された「2019WGC・ソーラーカー・ラリー」のグリーンフリートチャレンジ部門で3年ぶり2回目の優勝を飾った。走行中に予期せぬトラブルが起こる中、太陽電池とマグネシウム空気電池を組み合わせた2人乗りハイブリット・ソーラーカー「未来叶い」で一つの夢をかなえた。

 さらなるエネルギーの可能性に挑戦するために開発した車両「未来叶い」。2人乗りや車体の点など、実用車に近いことが特徴だ。出場した部門は新しい技術を取り入れた新開発車両のクラス。走行成績(周回数)+プレゼンテーション(技術発表)+ラリー(事前申告と実走行の差異を採点)の総合ポイントで順位が決まる。競技中に複数回のパンクに見舞われるなど、発表の瞬間まで勝利を確信した者はいなかったが、それぞれの分野で1位、1位、3位と好成績を上げて部門優勝した。

 20人の学生を率いるチーム監督の斉藤純准教授(42)は「ここまでやってきたことが成果につながって良かった」と冷静に振り返る。「昨年が2位だったので、今年は優勝したかった。チームみんなの努力が形になって嬉しい」と話した学生代表の青木健太さん(工学部エンジニアリングデザイン学科4年)はレースでドライバーの大役も務めた。さまざまな課題がある中、結果を残せたことが大きいという。

 「去年は悔しい思いをした。最終学年での1位は嬉しいが、後輩たちの指導にあまり時間が割けなかったことに少し悔いが残ります」と学生副代表の藤吉智也さん(同4年)。競技中はナビ役を担い、助手席でもう一人のドライバー吉原岳杜さん(同2年)を叱咤激励し、勝利に導いた。初日は結果が出なかったが徐々に力を発揮し、3日間でコースを27周、675Kmを走り切った。

 今回、もう一台参戦した新型車両は「リン酸鉄リチウム電池」を採用。車両の準備に時間がかかり、競技期間中も作業にかかりきりになった。「この経験が社会に出て活きる」と斉藤准教授。玉川大学「TSCP」チームの挑戦はこれからも続く。

写真左から藤吉さん、青木さん、斉藤准教授
写真左から藤吉さん、青木さん、斉藤准教授

町田版のトップニュース最新6

大迫、関根両選手を応援

MGC出場

大迫、関根両選手を応援 スポーツ

鹿沼さん 市内小学校を駆け巡る

9月12日号

地域と学校つなぐ

山崎小学校×協力隊

地域と学校つなぐ 教育

夏の思い出づくりにも

9月5日号

プレキャンプを実施

インドネシア空手代表チーム

プレキャンプを実施 スポーツ

2020年東京五輪に向けて

9月5日号

東京パラに向けて

相原在住石川信介さん

東京パラに向けて スポーツ

柔道アジアオセアニア選手権へ

8月29日号

幼児教育の無償化へ

幼児教育の無償化へ 教育

「各園・施設をよく見学してほしい」

8月29日号

一人ひとりが芸術家

パリコレッ!芸術祭2019

一人ひとりが芸術家 文化

43万人の個展

8月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月30日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月12日号

お問い合わせ

外部リンク