町田版 掲載号:2020年11月26日号 エリアトップへ

木曽地区協議会 新ロゴマークが誕生 テーマは結束と団結

社会

掲載号:2020年11月26日号

  • LINE
  • hatena
最優秀賞を受賞した新井さん(左)とロゴを持つ竹島代表
最優秀賞を受賞した新井さん(左)とロゴを持つ竹島代表

 地域内のさまざまな団体が課題解決を目指して互いに協力・連携し、いつまでも住み続けたい地域をつくっていくため、2015年2月から活動している木曽地区協議会(竹島正代表)。組織のロゴマークを作成しようと、町田・デザイン専門学校へ依頼し学生たちによるコンペを開いて作品を募集。11月20日に同校で表彰式が行われた。

 同協議会は木曽西、木曽東、木曽町のエリアを拠点に、町内会や自治会、学校、消防団などにより構成。これまでには地域でAR・VRを使った防災訓練、郷土の史跡を巡る「木曽の歴史クイズスタンプラリー」などの活動を行ってきた。

 ロゴマーク作成の議題が持ち上がったのは2月ごろ。町田・デザイン専門学校へ話を持ち込むと、オンライン授業の中で課題として取り上げられることになった。9月には11作品の応募があり、同協議会の役員7人による投票で上位3作品を選出。最終選考に選ばれた3作品を対象に再投票を行うと、満場一致の票を集めてグラフィックデザイン科2年の新井拓実さん(20)の作品が最優秀賞に選ばれた。

未来へ続くマークに

 「個人や団体の日々の活動が見えないところで木曽を支え、作っているという『結束』や『団結』をロゴのコンセプトにしました」と新井さん。町内会にある16ブロック、団体の数である36のパーツで組み立てられるデザインに取り入れる点などを工夫し、各部分が協力して「木曽」という文字を完成させている。緑色をベースに使ったことについては、木曽地区の平和を願うとともに、ほんわかとした雰囲気を表現したという。同校の鈴木孝也学科長補佐も「ダントツで説得力のあるロゴマーク」と太鼓判を押した。

 竹島代表は「これから未来永劫続いていくであろうこのロゴマークのもとに、木曽地区協議会で活動する団体が一つになって安心、安全な地域づくりに向けて取り組んでいきたい」と話した。会のシンボルとなるロゴマークは、のぼり旗やステッカーにしていろいろなイベント等で活用していく予定だという。

町田版のトップニュース最新6

全員一致で請願採択

市立小中学校のオンライン授業

全員一致で請願採択 教育

新たな学習に期待

1月21日号

無償で提供 希望団体募る

感染対策物資

無償で提供 希望団体募る 社会

福祉レストランフレンズ

1月21日号

新企画考え門出祝う

二十祭まちだ

新企画考え門出祝う 社会

オンラインとSNS活用

1月14日号

車両規制し影響調査

町田市中活協

車両規制し影響調査 社会

原町田中央通り・大通り

1月14日号

東京2020 希望の光に

東京2020 希望の光に 政治

都知事インタビュー

1月7日号

健康を保つ口腔ケアを

町田市歯科医師会

健康を保つ口腔ケアを 社会

認知症予防にも

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク