町田版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

金森在住深田さん 警察署長から感謝状 事件解決につながる映像提供

教育

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena
感謝状を持つ深田さん(右)と東田町田警察署長
感謝状を持つ深田さん(右)と東田町田警察署長

 金森在住の深田秀男さん(48)が8月3日、警察業務に対する理解と協力により重傷ひき逃げ事件の解決に多大な貢献をしたとして警視庁町田警察署の東田修一署長から感謝状を贈呈された。理事長を務めるNPO法人で「町田を日本一の安全な街」にする活動に取組む深田さんは、提供した防犯カメラの映像が容疑者逮捕につながったことを喜んだ。

 南町田でひき逃げ事件があったのは今年の5月。情報を求めている警察の要望で、自宅に設置してあった地域見守り用の防犯カメラの映像を提供した。「そこには事件を起こした後に車の状態を確かめる容疑者の姿がはっきりと映っていた」と深田さん。事件発生から約1カ月後、捜査に当たっていた担当者から容疑者逮捕の一報が入った。その際に「言い逃れようのない映像が逮捕の決め手になりました」とお礼を言われた。

地域を見守る活動

 恩田川の清掃等の環境保全活動をするNPO法人川さらいの理事長をしている深田さん。自宅用の防犯カメラと一緒に、通学路や公園などに向けた見守りカメラ「ケロカメ」で子どもたちと地域住民に安心を提供するための取組みを進めている。「具体的には自宅に向けた防犯カメラと合わせて道路側にレンズを向けた地域見守り用のカメラを設置してもらうことで、見られているという意識を植え付ける」。見守り用カメラの上には光で点滅させるオリジナルのカエルの人形が乗り、注意喚起の表示を掲げる。愛嬌のあるカエルの人形が子どもたちには見守られている安心感を与え、「(カメラの存在を)あえて目立たせていることが犯罪の抑制にもつながる」という専門家の話を取り入れた。

 人生で初めてという感謝状を手にして「本格的にスタートする前に早速結果が出たのは嬉しい。これを機にこの取組みについて多くの人に知っていただき、これからも地域の役に立ち、もっと大きな事件解決につながるように貢献することができれば」と深田さんは期待する。この秋から現在予約が入っている50〜60台分の設置から始め、まずは100台を目指す。その後、一般からの問い合わせにも応じていきたいと考えている。(問)同法人【電話】042・814・1199(留守番電話による対応)

贈呈式の様子
贈呈式の様子

町田版のトップニュース最新6

まちだ感謝祭を初企画

FC町田ゼルビア

まちだ感謝祭を初企画 スポーツ

5月15日、「家族」テーマに

5月12日号

約20年ぶり、茶室に「息吹」

鶴川虚心亭

約20年ぶり、茶室に「息吹」 文化

「文化遺産に」2年かけ整備

5月12日号

3年ぶり、初の5月開催

フェスタまちだ

3年ぶり、初の5月開催 文化

中心市街地活性化 目指す

5月5日号

4度目のデフリンピック

本町田在住山中選手

4度目のデフリンピック スポーツ

マラソンと1万mに出場

5月5日号

商店街のデジタル化支援

東京都

商店街のデジタル化支援 経済

上限1千万円 10分の9補助

4月28日号

6人目の名誉市民に

推理作家森村誠一氏

6人目の名誉市民に 文化

市内在住 文化発展に貢献

4月28日号

「終活」なるほど教室開催中

葬儀現場のプロが詳しく解説!最新の家族葬・一日葬・直葬について

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook