大和版 掲載号:2011年1月1日号 エリアトップへ

撮影誘致で大和をPR フィルムコミッション 2011年に本格始動

文化

掲載号:2011年1月1日号

  • LINE
  • hatena
撮影の打診が多い大和市立病院
撮影の打診が多い大和市立病院

 映画やテレビ、ドラマ、CMなどの撮影を地元に誘致し、撮影時には必要なロケ地や情報、エキストラなどを製作者に提供する「フィルムコミッション」(FC)が、今年夏をめどに大和市にも設置される。

 FCは、平成12年に大阪市で初めて誕生し、現在は国内100を超える組織がある。多くは地方自治体や観光協会に事務局があり、地域振興や活性化、観光地としてのPR効果を図る目的で設置されている。

 大和市では平成13年6月議会で大波修二市議が、大阪や神戸、横浜での取り組みを紹介。まちおこしの有効な手段として提唱したが、当時の市政は取り組みには消極的だった。

 その後、平成21年2月の市制50周年にあわせ大和市が市民参加型記念映画「わが街・やまと」を製作。クランクアップ後に、この製作者や出演者らが文化グループ「ドラマティックカンパニーyamato50」を発足させ、市内芸術家の発掘と発信など、さまざまな文化活動に取り組んできた。このグループに有志が加わり、平成21年6月に大和市協働事業を目指す「大和フィルムコミッション準備会(太田実代表)」を発足させた。

 こうした動きと並行して大和市は、平成21年4月にイベント観光課を新設。各部署が個別に受けていた撮影依頼の窓口を一本化。さらにFC設立を念頭に観光協会事務局長を公募し、ドラマティックカンパニーの代表、星野俊江さんを事務局長に起用した。

 昨年3月の平成22年度施政方針で大木市長は、本市のPR手段として「フィルムコミッションの立ち上げ」を明言。先進地の視察や各種研修など調査活動を市民と協働で行っている。

 市イベント観光課によると、昨年4月から12月までに制作会社などから同課に寄せられた撮影の打診は、テレビドラマや短編映画、プロモーションビデオ、CMなど計32件。このうち撮影に至ったのは7件だった。

 大和フィルムコミッション準備会の代表で映画監督の太田実さん(50歳・上草柳)は「大和は交通の便が良く撮影の需要はもともと多くある。支援体制が整えばさらに件数は増えるのではないか」と話している。
 

<PR>

大和版のトップニュース最新6

奉仕と平和を目指し60年

大和RC

奉仕と平和を目指し60年 社会

市民活動推進者に助成金

5月20日号

見えた2強の背中

大和高女子サッカー部

見えた2強の背中 スポーツ

県総合体育大会で3位

5月20日号

読書で文科大臣表彰

下福田中

読書で文科大臣表彰 教育

学校一体の取組が評価

5月13日号

補助金でSDGs啓発

大和YEG

補助金でSDGs啓発 社会

講演や動画で気運醸成

5月13日号

今年もオンライン配信

大和市民まつり

今年もオンライン配信 文化

「少しでも本物の臨場感を」

5月6日号

太極拳の会場に

ねんりんピックかながわ2022

太極拳の会場に スポーツ

県代表に地元チーム出場

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook