大和版 掲載号:2011年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

日常生活に影響する神経障害 網膜症 腎症 「糖尿病は合併症が怖い」 大和駅前 田中内科クリニック

 『糖尿病』は、よく耳にする国民的病気だ。ところが、早期の段階で治療を受けている人は少ないという。糖尿病の専門医である「田中内科クリニック」の田中啓司院長に話を聞いた。

 「検診で血糖値が高く、糖尿病を疑われる状態でも、自覚症状がほとんどない病気のため、放っておく人が多いのです。しかし本当に怖いのは合併症です」と田中院長。

 糖尿病には様々な合併症があるが、神経障害、網膜症、腎症は3大合併症とも呼ばれ、生活する上で重大な障害を引き起こすために恐れられている。

 神経障害は早い段階で手足のしびれ・痛みなどが現れる。痛みや熱さを感じにくくなることで、怪我や火傷の発見が遅れ、潰瘍や壊疽で指を切断する場合もあるという。

 また、眼の病気とも関係しており、網膜症をはじめ、白内障、緑内障の症状も急速に進行し失明の原因にもなっている。そして腎症は、10年近くたってから症状が出てくることがあるという。進行が進むと、血液透析が必要となり、日常生活に多きく影響する。

 「血糖値が高いと言われたら、専門医で詳しい検査を。早期に治療を開始することで、血糖コントロールを行うことができれば、合併症は予防、改善できます。自覚症状がない場合でも、気軽に相談下さい」と田中院長。
 

田中内科クリニック 糖尿病 内分泌内科(甲状腺)

大和市大和東1-3-15 大和ミラービル 3階

TEL:0462651024

http://www.tanakanaika-clinic.com/

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

大和版のピックアップ(PR)最新6件

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も…

腰痛専門の治療院

3月16日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

3月16日号

光と演出で阿波おどり堪能

ぞめき大和

光と演出で阿波おどり堪能

3月16日号

桜さくら ら・ら・ら

春らんまん♪桜特別号

桜さくら ら・ら・ら

3月10日号

「やまと屋台村」出店募集

共に支えあう福祉のまちづくりを

住民ひとりひとりの参加を基本に 大和市社会福祉協議会法人化40周年

共に支えあう福祉のまちづくりを

3月2日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

郷土民家園でツィター

郷土民家園でツィター

3月21日 河野直人さん出演

3月21日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク