大和版 掲載号:2012年2月17日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

エコチル調査 未来の子の健康のために 開始から1年 協力病院も参加呼びかけ

 子どもが健康にすくすくと育ってくれることこそ、世の中の母親共通の願い。だが最近、先天異常やぜんそく、アトピー性皮膚炎など子どもの疾患が増えていると言われている。

 そこで環境省はその原因を探るため、生活環境の中で触れる物質や生活習慣が、子どもの成長や病気にどのように関係しているのか調べる全国プロジェクト「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」を立ち上げ、参加できる妊婦さんを募っている。大和市では、大和市立病院、会沢産婦人科医院、大和徳州会病院、堀病院(横浜市瀬谷区)が協力。全国で10万人の妊婦さんに参加してもらう予定だ。

 「病気の多くは環境中の物質・生活習慣・遺伝などが関係しあって起こります。これらの関係を明らかに出来れば、病気の予防に役立つ政策を立てたり、子どもが健やかに育つ環境を整備できる」と話すのは、大和徳州会病院の中山医師。また会沢産婦人科医院の会沢院長は「検診と一緒に出来るので、妊婦さんの多くは協力的。全国規模の調査は珍しく、結果がでるまで時間はかかるが面白いと思う」と期待を込める。

 調査はこうした医療機関や自治体、参加者の協力を得て、赤ちゃんが13歳になるまで定期的に健康状態をチェックしていく。内容は血液や尿、髪の毛の中の化学物質、生活習慣(食事、運動、家庭環境など)、子どもの成長や病気の記録(母子健康手帳や健診の記録)などについて。妊娠中と子どもが13歳になるまで半年に1回質問票調査があるほか、6歳と12歳時に健診がある。

 また、大和市立病院の石川医師も「多くの妊婦さんが参加することで、皆さんの子どもが親になるころ、安心して妊娠できるような情報が提供されるようになります。ひとりでも多くの方にご協力いただきたい」と呼びかけている。なお、調査への協力は自由参加なので、仮に協力しない場合でも医療機関の受診などで不利益になることはない。

■問い合わせ=神奈川ユニットセンター事務局【電話】045・782・2770(平日午前9時〜午後5時)。
 

神奈川ユニットセンター

TEL:045-782-2770

http://www.yokohama-cu.ac.jp/ecochil

大和版のピックアップ(PR)最新6件

家族のために、事前相談

葬儀Q&A【10】

家族のために、事前相談

2月16日号

不動産の悩みすっきり

病院見学会を開催

新生「大和徳洲会病院」

病院見学会を開催

2月2日号

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

2月2日号

全面建替えし、2月5日開院

「赤だし味噌・白味噌」登場

今年の冬は2種類の新作が大好評 らーめん花樂

「赤だし味噌・白味噌」登場

1月26日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

イコーザでジャズ

イコーザでジャズ

3月18日 申込制で入場無料

3月18日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク