大和版 掲載号:2013年1月1日号
  • googleplus
  • LINE

(PR)

医療レポート 内科と歯科が連携し、健康を維持 取材協力/田中内科クリニック 裕デンタルクリニック

 少子化、高齢化が進む現在では、持病を持つ人も数多くいる。治療を行う上でも一つの科だけでは、スムーズに進まない場合もある。大和駅前の同じビル内に開業する糖尿病・甲状腺を専門とする「田中内科クリニック」(田中啓司院長)と「裕デンタルクリニック」(田中裕三院長)では、内科と歯科で連携した治療を行っている。両院長に話を聞いた。

相互関係のある糖尿病と歯周病

 Q糖尿病と歯周病は関係があるのでしょうか?

 田中内科クリニック(以下「田」)―「歯周病の感染が進み、口全体に炎症が広がった状態を放置していると「TNF─α」(腫瘍壊死因子)という物質が分泌されます。この物質が、インスリンの働きを低下させ、血糖を上げるため糖尿病を悪化させます。

 糖尿病は心筋梗塞、脳梗塞、足の動脈閉塞を促進するのですが、歯周病も糖尿病と同じようにこれらの病気を促進します。

 糖尿病の患者さんは歯周病の治療を同時に行っていく必要があります」

 裕デンタルクリニック(以下「裕」)―「糖尿病の患者さんは、歯周病を発症する確率が2〜4倍と高くなっています。さらに、血糖コントロールが不良なほど歯周病が重篤化することも多く注意が必要です。

 歯周病は一度かかると完治が難しく、治療には原因菌を除菌し、お口の中の環境を整え、長期的にケアしていきます」

 田―「糖尿病治療には口内管理も不可欠です。歯周病が治療されると糖尿病が改善するケースもあり、内科、歯科の双方向からの日常医療を提供していきたいと思います」

インプラントと内科治療

 Qインプラント治療は、糖尿病など全身疾患があっても受けられますか?

 裕―「糖尿病では、細菌の侵入に対して抵抗力が弱く、創口が治りにくい傾向があり、注意が必要です。

 ただ、手術前からしっかりと血糖値をコントロールし適切な感染対策を十分にしておけば、問題なく手術は可能です。

 さらに血糖降下剤の内服やインスリンの自己注射をしている場合は、そのタイミングが重要になってきます。高血圧の方も、緊張のために血圧が10〜30上昇することもあり、より安全に治療を行うためにも内科医との連携は必須となっています」

 田―「計画性をもって血糖値のコントロールをしていきます。要請があれば、検査値の変動などに留意し、対応するよう努めています。

 また、しっかり噛める状態になると、咀しゃく回数も増え、食欲のコントロールも行いやすくなり糖尿病の予防にもつながります」。
 

田中内科クリニック 裕デンタルクリニック

大和市大和東1-3-15 大和ミラービル 3F:田中内科クリニック 2F 裕デンタルクリニック

TEL:0462651024
TEL:0120246814

http://tanakanaika-clinic.com/ http://you-dc.jp

大和版のピックアップ(PR)最新6件

「多くの笑顔」のために

専門家による不動産相談会

他で断られた案件もOK

専門家による不動産相談会

7月27日号

「調理補助スタッフ養成講習会」受講生を募集

大和市民対象参加費無料

「調理補助スタッフ養成講習会」受講生を募集

7月20日号

あなたの気になるシワ対策

小ジワ、表情ジワ、ほうれい線 医療レポート

あなたの気になるシワ対策

7月6日号

今でしょ!エアコン丸洗い

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

7月6日号

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和菓子作り教室

老舗店が監修する

和菓子作り教室

8月19日ふれあいサロン千本桜

8月19日~8月19日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク