大和版 掲載号:2014年2月21日号 エリアトップへ

(PR)

エコチル調査 「調査協力で社会貢献」 参加者27人が意義語る

掲載号:2014年2月21日号

  • LINE
  • hatena
会メンバーと参加者が意見交換
会メンバーと参加者が意見交換

 環境省の全国プロジェクト「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査※)」を行う神奈川ユニットセンター(横浜市立大学医学部内)は2月5日、運営協議会を開催した。今回は協議会メンバーの医師や行政担当者に加え、実際にエコチル調査に協力している”エコチルパパ・ママ”27人が参加。調査実施状況や課題の報告のほか、参加者との活発な意見交換が行われた。

リクルートは3月末まで

 エコチル調査の開始から3年が経過した今、必要とされているのは、「参加者が協力し続けられる体制づくり」だ。1月31日現在、神奈川県内の参加者は6064人。リクルートは3月末で終了する。「月日がたてば、当然、質問票の回収率は下がっていくはず」と同センター長の横田俊平教授は、懸念を示す。

 参加者からは「だんだん『社会に貢献したい』という当初の動機が薄らいでいく。だからこそ、目に見える成果をタイムリーに知りたい」「アンケートでほかの人がどんな答えをしているのか教えて欲しい」など、調査結果の迅速な公表を望む声が多く聞かれた。

 また、「インターネットで回答できるようにしてほしい」「質問が答えにくい」「プレゼントは使わないものもある」などの意見も。調査を統括する国立環境研究所エコチル調査コアセンターの吉口進朗次長は「ご意見は真摯に受け止め、これからの調査に生かしたい」と話した。

協力継続が成功の鍵

 「子どもの発達・発育を見守るこの調査は、非常に意義が大きい」と同副センター長の平原教授。だからこそ、絶対に成功させたいと力説する。「参加者に積極的に関わってもらうことが、調査成功の鍵」とし、改めて参加者に協力を訴えた。

※エコチル調査とは…生活環境の中で触れる物質や生活習慣が子どもの成長や病気にどう関係しているのかを調べる。妊娠中から子どもが13歳になるまで心身の発育に関する追跡調査を行う。神奈川県内は横浜市金沢区、大和市、小田原市の3地域が対象。内容はホームページhttp://www.yokohama-cu.ac.jp/ecochil/まで。

 ■問い合わせ=かながわユニットセンター事務局【電話】045・782・2770(平日午前9時〜午後5時)。

エコチルママも積極的に発言
エコチルママも積極的に発言

エコチル調査 神奈川ユニットセンター

TEL:045-782-2770

http://www.yokohama-cu.ac.jp/ecochil

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のピックアップ(PR)最新6

プロの「大掃除」

ベトベトが新品同様ツルツルに

プロの「大掃除」

【1カ所でもOK】換気扇・エアコン等

12月6日号

「納豆キムチ味噌・白味噌」登場

今年の冬は2種類の味噌が大好評 らーめん花樂

「納豆キムチ味噌・白味噌」登場

100円引きクーポン付

12月6日号

今年のシミは、今年のうちにケアを

早めの治療は美肌への第一歩 医療レポート

今年のシミは、今年のうちにケアを

取材協力/森皮フ科クリニック

12月6日号

プロの「大掃除」

大和市の皆様、ご予約お早めに

プロの「大掃除」

【1カ所でもOK】換気扇・エアコン等

11月29日号

脱腸手術の実績が781件

脱腸手術の実績が781件

日帰りに対応 たまプラ駅そば

11月22日号

先進の下肢静脈瘤治療

メス使わず、保険適用で日帰り手術

先進の下肢静脈瘤治療

放置せず専門医へ相談を

11月22日号

「知らないと損をする!」相続・節税・認知症のあれこれ

11月30日(土)弁護士・税理士による「資産承継対策セミナー」 積水ハウス

「知らないと損をする!」相続・節税・認知症のあれこれ

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

二桜舎 14日で閉廊

二桜舎 14日で閉廊

クリスマス展開催中

12月3日~12月14日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク