神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2017年1月27日 エリアトップへ

市内2団体 県指定・市指定NPOに 税制優遇で寄付を促進

社会

公開:2017年1月27日

  • X
  • LINE
  • hatena
「ケアびーくる」のメンバーら
「ケアびーくる」のメンバーら

 市内NPO法人「ワーカーズ・コレクティブケアびーくる」(奥平ますみ理事長)と「地域家族しんちゃんハウス」(館合みち子理事長)が、神奈川県の指定と大和市の指定の両方を受けた。県と市ともに指定を受けるのは2団体が市内で初めて。

合計10%の税額控除

 県指定や市指定のNPO法人になると、県民税・市民税の寄付金税額の控除が受けられ、寄付をする人にとってメリットになり、NPO側にとっても寄付が集まりやすくなる。

 県指定では寄付金から2000円引いた額の4%が県民税から税額控除され、市指定では同じく寄付金から2000円引いた額の6%が市民税から税額控除される。例えば、県指定・市指定どちらも受けているNPOに1万円寄付する場合、2000円引いた額(8000円)の10%(800円)が税額控除の対象となる。

「認定」へのステップに

 県指定・市指定よりも、さらに税制を優遇されているのが「認定NPO」。認定NPOになると、寄付額から2000円を引いた額の40%が所得税から控除される。県指定NPOであることが、認定を受けるための判断基準の1つになる。

「寄付への理解を」

 昨年3月に県指定、同12月に市指定を受けた「ケアびーくる」は、1人での外出が困難な人を対象に、車での送迎と介助サービス行う団体。1998年から活動を始め、年間200人以上に利用されている。今回の県指定と市指定NPOになったことを受け、菅野待子副理事長は「利用者の経済的負担は増やせないので、活動を維持していくためには寄付に頼らざるを得ない。今回の指定で、さらに税制優遇を受けられる『認定NPO』を目指すための一歩になった」と話した。

 昨年10月に県指定、同12月に市指定を受けた「地域家族しんちゃんハウス」は、放課後児童クラブや子育て支援を行う団体。南林間の施設のほか、イオンモール大和4階の「こども〜る」の運営も担う。館合理事長は「県と市から指定を受けたことで私たちの活動を知り、寄付への理解が一層広まれば」と話した。

大和版のトップニュース最新6

30周年にスタンプラリー

大和商工会議所

30周年にスタンプラリー

「飲食で市内に活気を」

5月17日

2年連続で県央V

南林間中野球部

2年連続で県央V

大和、光丘もベスト4に

5月17日

認証「悠」を取得

特養ホームみなみ風

認証「悠」を取得

全国7施設目、県内で初

5月10日

市民と市長が対話

大和市

市民と市長が対話

次期総合計画へ意見交換

5月10日

事業選択し大和を前へ

古谷田力市長インタビュー

事業選択し大和を前へ

「花博」好機に経済活性も

5月3日

75歳で歌手デビュー

福田在住保田さん

75歳で歌手デビュー

「夢が叶って良かった」

5月3日

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook