大和版 掲載号:2018年8月3日号
  • LINE
  • hatena

ポラリス開所 北部の整備、さらに前進

社会

小田急線の線路沿いに建つポラリス
小田急線の線路沿いに建つポラリス
 中央林間駅西側の旧市営緑野住宅跡地に8月1日、新たな施設となる市民交流拠点ポラリスがオープンした。

 市内では、2016年開館の文化創造拠点に愛称「シリウス」、今年4月に旧図書館にオープンした市民活動拠点の名称に「ベテルギウス」、同施設内のレンタルオフィスに「リゲル」の名称がつけられており、それらに続く形で今回も、恒星名が採用された。

 建物は地上3階建て。屋内スポーツ施設を含む学習センター部分は、シリウスと同じ「やまとみらい」が指定管理者となり、屋外子ども広場の「星の子ひろば」は市みどり公園課公園管理事務所が直接運営する。

 事業費は、設計・施工監理費として約7400万円、工事費は約24億2500万円。

 市では、高座渋谷駅周辺の「南のまち」、大和駅周辺の「中央のまち」に続き、「北のまち」として中央林間駅周辺の街づくりを進めてきた。今年4月には駅隣接の東急スクエア内に、図書館、市子育て支援施設、市役所分室から成る公共施設がオープンしている。

大和版のトップニュース最新6件

大和版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月16日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 10月26日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

西北自治会60周年大会

西北自治会60周年大会

変面ショーや阿波踊りも 12月15日シリウス

12月15日

大和版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク