大和版 掲載号:2020年9月18日号 エリアトップへ

大和阿波踊り 来年に向け、いざ始動 「そんじょ連」が練習再開

コミュニティ文化

掲載号:2020年9月18日号

  • LINE
  • hatena
距離を保ち、約2時間汗を流した
距離を保ち、約2時間汗を流した

 新型コロナウイルスの影響で、大和の代名詞でもある「阿波おどり」が中止となった今年の夏。9月に入り、「そんじょ連」が半年ぶりに練習を開始した。

 「阿波おどり」は、例年7月最終土日曜日に開催。今年は東京五輪と重なる関係で7月12・13日に予定されていた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大とその後の緊急事態宣言発令などもあり、4月10日中止が決まった。「そんじょ連」は、今年創立20周年の節目の年だっただけに、本祭の中止に顧問の村上寛光さんは「がっくりきて、力が抜けた」と肩を落としていた。

 神奈川大和阿波おどり振興協会所属の連は、多くが公共施設で練習を行っている。学校を含む市内公共施設のほとんどが6月末まで休館しており、練習再開の目途は立っていなかった。

 桜丘小学校の体育館を練習拠点として活動している「そんじょ連」も、3月から練習は中止に。連長の小林和彰さんは、学校が再開した7月頃から、会場の開放を待っており、了解が出た9月に練習日を確保した。

 9月13日。半年ぶりとなった練習には、大人・子ども合わせて30人ほどが参加。村上さんは参加者全員に、会場に入る前の検温と手指消毒、連絡先の記入、練習時以外のマスク着用、鳴り物使用時以外の換気などを伝達。さらに館内の清掃を子ども達にさせない、掃除用具の消毒などを依頼した。待ちに待った始動に村上さんは「死ぬまで踊りますよ」と笑った。

 久しぶりの練習に子どもたちも嬉しそうで、深見小3年の吉澤湘太君は「友達と一緒に踊れて楽しかった」と笑顔。草柳小2年の平野美和さんは、半年のブランクで「曲調が変わる時に、跳ぶ動作を忘れていた」と苦笑いを浮かべていた。そんじょ連では今後、隔週1回を目途に練習を続ける予定で、次回は9月27日(日)。

 阿波おどりは来年7月10・11日に開催予定。
 

子どもたちも真剣
子どもたちも真剣

大和版のトップニュース最新6

県内で唯一入賞

赤羽深鳥(みどり)さん(緑野小2)

県内で唯一入賞 教育

自然科学観察コンクール

1月21日号

卓球の天皇杯に出場

大武篤史君(中学3年)

卓球の天皇杯に出場 スポーツ

1回戦は高校生と対戦

1月14日号

厚木基地に情報提供要望

大木市長

厚木基地に情報提供要望 社会

新型コロナ感染急拡大受け

1月14日号

企業「影響ある」約8割

原油高騰・半導体不足

企業「影響ある」約8割 経済

商議所が会員アンケート

1月7日号

2176人が新成人

1月10日成人式

2176人が新成人 社会

密を避け3部制で祝う

1月7日号

柔軟に対応「大和モデル」

柔軟に対応「大和モデル」 社会

大木哲市長 新春インタビュー

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook