大和版 掲載号:2022年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

「認知症かな?」とおもったら 取材協力/たなかクリニック(相模大塚駅前)

掲載号:2022年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 家族が「もしかして認知症?」と思ったとき、どうすればいいか。「厚労省認定認知症サポート医」としての豊かな経験と知識をもつ相模大塚駅駅前の「たなかクリニック」の田中院長のもとには大和市や近隣市から多くの人が訪れる。

院長は地域で認知症患者を支援

 大和市医師会の認知症を担当で監事を務める田中院長は「同じ質問を繰り返したり、同じ買い物が重なったり、同じ話を何度も聞く、物盗られの訴えが聞かれるなどは、認知症を疑う症状」と警鐘を鳴らす。

 田中院長は大和市が主催する「認知症サポーター育成ステップアップ講座」や多職種協働研修の講師を務め、市の認知症初期集中支援チームを長年けん引してきた。

 また地域包括支援センター運営協議会の会長を務め、大和市内の地域包括支援センターに深くかかわるほか、介護保険認定審査会の合議隊長として、介護保険制度にも精通している。

予約なしの受診でもその日に認知症診断

 両親のアルツハイマー病を治療し、看取った経験をもつ田中院長。患者の家族目線に立ち、予約なしで受診できる配慮と、より早くより詳細な患者負担の少ない診断をめざし高速16列マルチスライスCTを導入。田中院長は「来院当日に診察と頭部CTを行い、認知症を診察します。治療法、介護申請、家族の対応の仕方などを1つ1つ一緒に考えましょう」と話し、認知症予防の視点から高血圧・糖尿病・脂質異常症の検査結果を丁寧に説明し患者さんに高評価。時節柄、コロナやインフルエンザの発熱者と待合室で一緒にならない配慮もしているので、安心して受診できる。

短時間で検査可能な「16列マルチスライスCT」
短時間で検査可能な「16列マルチスライスCT」

たなかクリニック

大和市桜森3-7-18

TEL:046-200-3322

http://www.zutsuu-tanaka.jp/

<PR>

大和版のピックアップ(PR)最新6

119

金城理事長の徒然話【15】

119

5月20日号

不動産相続の「困った」神奈中がしっかり解決

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

かながわ認証取得施設

まるでホテルのような快適さいつまでも自由に楽しく暮らしたい人へ

5月15日〜29日(24・26日除く)個別送迎付き見学(体験食事付)

5月13日号

「捨てずに価値再確認を」

査定額アップ中!

「捨てずに価値再確認を」

座間ひばりが丘 金・貴金属など

5月6日号

「リースバック」で資金を有効活用

ウスイホーム湘南台店

「リースバック」で資金を有効活用

自宅売却後もそのまま住める

5月6日号

300坪事業用地

相鉄線「さがみ野駅」近く

300坪事業用地

医療・診療所向け 

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook