神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年2月16日 エリアトップへ

大和、海老名座間、綾瀬 宣誓制度で広域連携 手続き簡素化、負担軽減へ

社会

公開:2024年2月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
(左から)海老名市の内野優市長、座間市の佐藤弥斗市長、大和市の古谷田力市長、綾瀬市の古塩政由市長=14日・大和市役所
(左から)海老名市の内野優市長、座間市の佐藤弥斗市長、大和市の古谷田力市長、綾瀬市の古塩政由市長=14日・大和市役所

 同性カップルや事実婚など法律上の婚姻が困難な2人が、互いに人生の伴侶として協力し合うことを誓い、行政がこれを公的に認めるパートナーシップ制度を巡って、大和・海老名・座間・綾瀬の4市長は14日、大和市役所で自治体間連携に関する協定を締結した。これにより制度利用者の手続きが簡素化され、負担軽減が図られる。

 大和市のパートナーシップ宣誓制度は、2021年4月に始まった。市は医療機関や不動産業などに協力を要請し、同制度を利用したカップルは、アパートを借りられたり、入院時の付き添いが認められるなど「家族」としての待遇が受けられる。市国際・男女共同参画課によると、2月14日までに25組が宣誓している。

 今回の広域連携は、4市首長でつくる「大和高座広域連携懇談会」で昨年10月に方針決定されたもの。これまでパートナーシップを宣誓した人が住所を移す際、転出元の自治体で宣誓書受領証などの返還手続きと、転出先の自治体であらためて必要書類をそろえて宣誓手続きをする必要があった。

 協定締結により、今年3月1日からは住所を移す際、4市であれば返還手続きは不要となり、当事者たちが大切にする「宣誓日」も引き継がれる。転出先の自治体の手続きも、大和市の場合は転出元の自治体の宣誓書受領証の原本と本人確認書類の提出のみとなる。

 古谷田市長は「大変有意義な一歩では」と協定締結に期待感を示した。

大和版のトップニュース最新6

アートで被災地支援を

ギャラリーウィーン

アートで被災地支援を

6月23日にマルシェ

6月14日

30周年に市へ提言書

大和商工会議所

30周年に市へ提言書

「行政との連携深める」

6月14日

10年続けて減少

自治会加入率

10年続けて減少

4月時点で56.8%

6月7日

初のデジタル商品券

大和市

初のデジタル商品券

プレミアム率は50%

6月7日

「中1ギャップ」緩和に一手

「中1ギャップ」緩和に一手

5年ぶり光中見学会

5月31日

東工大院生と街歩き

つきみ野自治会

東工大院生と街歩き

ベンチ設置へアイデア探る

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook