神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年2月16日 エリアトップへ

男子サッカーU-17県選抜 公立校から唯一選出 中原一樹さん(大和高校)

スポーツ

公開:2024年2月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
「さらなる高みを目指したい」と語った中原さん=8日・大和高校グラウンド
「さらなる高みを目指したい」と語った中原さん=8日・大和高校グラウンド

 17歳以下の男子サッカー県選抜チームのセレクション結果がこのほど発表され、大和高校サッカー部(宮澤仁監督/部員数43人)の中原一樹さん(2年)が選ばれた。19人のメンバーのうち公立校からの選出は中原さんのみ。県U―17選抜はあさって2月18日(日)、三ツ沢公園陸上競技場(横浜市神奈川区)で日本高校選抜U―18と対戦する。

 中原さんは大阪府出身。小学2年生の時に父の仕事の関係で海老名市に移り住み、「中新田FC」でサッカーを始めた。「小中学生の時に主だった戦績は残せなかった」と振り返るが、中学1年の時に大和・海老名・厚木・座間・綾瀬の選抜チーム「JFAトレセン県央」に選ばれ、3年生の冬には中体連の県選抜に入るなど頭角を現していった。

 部員100人を超す強豪私学から声がかかったという中原さんだが、選んだ進学先は大和高校だった。「和高の試合を見学した時、選手たちが生き生きとプレーしていて、『ここでサッカーがしたい』と思った」と当時を振り返る。

 169cm・61kgと決してサイズは大きくないが「素早い突破力、ゲーム展開の中での理解力に長けている」と宮澤監督は教え子を評する。FWやMFのポジションを務めることが多いが、「ゴールキーパー以外ならどこでもやれる自信はある」と中原さんは語る。

 宮澤監督によると、同校サッカー部からの県選抜は、国体の県代表に選ばれた前主将の折原怜さん(3年)に続き、2人目だという。

 先月末に監督から選抜入りを伝えられたといい「とてもびっくりしたけど、うれしかった」と中原さん。「公立校から唯一選ばれたが、私立も公立も関係ない。実力者たちの中で真剣にサッカーに取り組み、レベルアップをしたい」と意気込んでいる。

さらなる高みへ

 県選抜が18日に対戦する日本高校選抜U―18は、1月の全国大会に出場した都道府県の強豪校から選ばれた3年生が主体のチーム。一方、U―17は全員が2年生だ。

 「圧倒的に不利」との下馬評もあるというが、中原さんは「今までのサッカー人生で最強の相手だと思う。自分がどこまで通用するか楽しみ」と気負いはない。宮澤監督は「技術面ではまだまだ伸びしろがある。貴重な経験を糧に、成長していってほしい」とエールを送る。

 目標とする選手は、同じMFで元日本代表の香川真司選手。中原さんは「少しでも理想の選手に近づけるよう、努力を続けたい」と前を向く。

大和版のトップニュース最新6

成年後見の窓口を新設

大和市社協

成年後見の窓口を新設

月2回、専門家も対応

4月19日

助成申請は226件

自転車用ヘルメット

助成申請は226件

努力義務化から1年

4月19日

全国俳句大会で最高位

下鶴間在住佐藤直哉さん

全国俳句大会で最高位

3万句超、2人の選者から

4月12日

部活動の地域移行を推進

大和市

部活動の地域移行を推進

日体大と連携協定

4月12日

吉村選手が得点王

大和高女子サッカー部

吉村選手が得点王

全国選抜大会で10ゴール

4月5日

「包括支援係」を新設

複合的な福祉課題に対応

「包括支援係」を新設

4月5日

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月19日0:00更新

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

綾瀬で初公演

ロジェ・ワーグナー合唱団 好評発売中

綾瀬で初公演 大和市文化

心に響くゴスペルなど

4月28日~4月28日

大和版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook