神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年3月22日 エリアトップへ

生養山薬王院信法寺 「無量寿殿」を建立 市内最古の仏像まつる

社会

公開:2024年3月22日

  • X
  • LINE
  • hatena
阿弥陀如来立像の前で利用を呼びかける大谷住職
阿弥陀如来立像の前で利用を呼びかける大谷住職

 市内上和田の浄土宗・生養山薬王院信法寺(大谷慈通住職)がこのほど、市指定重要有形文化財「木造阿弥陀如来立像」を本尊としてまつる阿弥陀堂「無量寿殿(むりょうじゅでん)」を建立した。阿弥陀如来立像は市内最古の仏像とされ、無量寿殿は地域交流の場としても提供する。

 市文化振興課によると「木造阿弥陀如来立像」は2004年7月に市指定重要有形文化財に登録された。室町時代前半の作品、寄木造、玉眼で、市内では最も歴史のある仏像とされている。

 従来は本堂の脇でまつっていたため人目に付きにくかったが、無量寿殿の建立で拝観がしやすくなったという。3月3日に新築の落成を祝う「落慶式(らっけいしき)」、19日に周辺の道路工事を終えた。施錠時にも見やすいようにと、扉はガラス張りで造られている。

 大谷住職は「本尊としておまつりできるお堂ができたのをうれしく思う」と話していた。

地域交流の場にも

 大谷住職によると、信法寺は開創400年以上の歴史を持ち「お寺がもっと身近な存在になってほしい」と、昨年10月に本堂で初めてクラシックコンサートを開催した。その思いから、無量寿殿では拝観や葬儀を執り行う以外にも、「地域交流の場として利用してもらいたい」という。

 利用は要予約制で、利用は原則無料(水道光熱費などがかかる場合あり)。日時は応相談。

 大谷住職は「利用は随時受け付けていく。自治会館のような使い方をイメージしてもらえたら」と呼びかけている。

 無量寿殿に関する問い合わせは信法寺【電話】046・267・5002(電話受付は午前9時〜午後4時)へ。

無量寿殿の外観
無量寿殿の外観

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

大和版のトップニュース最新6

全国俳句大会で最高位

下鶴間在住佐藤直哉さん

全国俳句大会で最高位

3万句超、2人の選者から

4月12日

部活動の地域移行を推進

大和市

部活動の地域移行を推進

日体大と連携協定

4月12日

吉村選手が得点王

大和高女子サッカー部

吉村選手が得点王

全国選抜大会で10ゴール

4月5日

「包括支援係」を新設

複合的な福祉課題に対応

「包括支援係」を新設

4月5日

手取り合い伝統継承を

大和茶道会

手取り合い伝統継承を

50周年式典に250人

3月29日

不妊治療の支援拡充へ

大和市

不妊治療の支援拡充へ

4月から先進医療に助成

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

大和版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook