神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
大和版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

複合的な福祉課題に対応 「包括支援係」を新設

社会

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
利用を呼びかける包括支援係の職員たち
利用を呼びかける包括支援係の職員たち

 大和市は4月1日から複合的な福祉課題を抱える市民への支援体制充実を図るため、健康福祉総務課に「包括支援係」を新設した。福祉に関わる各課の相談窓口を「福祉ここから相談窓口」と位置づけ、包括支援係が集約して総合的な支援を進めていく方針だ。

 この施策は少子・高齢化や核家族化などで育児や介護、生活困窮など、同じ世帯で複数の福祉課題を抱える市民への支援充実を図るために始まった。4月から福祉相談を受ける窓口を保健福祉センターに集約し、新設された「包括支援係」の窓口は5階に設置された。

コーディネート役に

 同課によると、従来は複合的な福祉課題があった場合、相談者は各課の窓口に訪問し、それぞれの制度・支援メニューを受けていた。そのような現状を受け、新たに位置づけられた「福祉ここから相談窓口」では、最初に訪問した窓口で複数の福祉課題に関する相談が可能になった。

 包括支援係は窓口で対応が困難な課題について、関係各課が集まって協議を行う場を設けるなどのコーディネート役も担う。

 同係の鈴木裕司主幹は「課題ごとで分けるのではなく、世帯ごと支援をさせていただくようなイメージ。もし『どこに相談したら良いか分からない』といった場合は包括支援係にお越しいただけたら」と話している。

ロゴに込めた思い

 福祉ここから相談窓口には、専用のロゴが設けられている。同課の職員らが考案したもので、虹色で描かれた2つの目が、悲しそうな表情から微笑んでいる表情に変化しているのが特徴だ。

 担当職員は「悩み・不安が相談窓口や関係機関とつながり続ける中で、安心や笑顔に変わってほしい」と、ロゴに込めた思いを話していた。

大和版のトップニュース最新6

30周年にスタンプラリー

大和商工会議所

30周年にスタンプラリー

「飲食で市内に活気を」

5月17日

2年連続で県央V

南林間中野球部

2年連続で県央V

大和、光丘もベスト4に

5月17日

認証「悠」を取得

特養ホームみなみ風

認証「悠」を取得

全国7施設目、県内で初

5月10日

市民と市長が対話

大和市

市民と市長が対話

次期総合計画へ意見交換

5月10日

事業選択し大和を前へ

古谷田力市長インタビュー

事業選択し大和を前へ

「花博」好機に経済活性も

5月3日

75歳で歌手デビュー

福田在住保田さん

75歳で歌手デビュー

「夢が叶って良かった」

5月3日

大和市で葬儀なら、地元「ふじみ式典」

地域顧客満足度NO.1店を目指す創業35年以上の葬儀社です。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook