神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

西湘高校かるた部 2年連続、全国へ 接戦制し、無傷で県制覇

文化

公開:2015年7月3日

  • X
  • LINE
  • hatena
(左上から時計回りに)川崎萌子さん、武井なつめさん、大木菜々美さん、佐々木柚奈さん、夏目美穂さん、木村宏美さん、吉田佳織さん、新倉南さん
(左上から時計回りに)川崎萌子さん、武井なつめさん、大木菜々美さん、佐々木柚奈さん、夏目美穂さん、木村宏美さん、吉田佳織さん、新倉南さん

 西湘高校かるた部(部員数26人)が「第28回神奈川県高等学校 小倉百人一首かるた選手権大会」の団体戦で優勝、同校初となる2年連続での全国大会出場の切符を手にした。

 かるたの試合は100枚ある札の内、半分の50枚を取札として使用する。自陣、相手陣25枚ずつに振り分けられた札は自身の好きな位置に配置。15分の暗記時間で互いの札の位置を記憶し、試合がはじまる。試合中、歌を詠む読手(どくしゅ)は、100枚すべての札を順々に読み上げるが、50枚は空札として選手を惑わすなど、独特のルールを待つ。

 団体戦は、8人の登録選手の中から試合ごとに5人を選出し、5人が同時にそれぞれ1対1の試合に臨み、勝敗を決する。

 4チームごとのリーグ戦で争われた5月の一次予選を全勝で通過した同校。6月の二次予選では、初戦の横浜平沼高、2回戦の慶応義塾湘南藤沢高、決勝の平塚江南高をいずれも3―2の接戦で破り、県大会を無傷で突破。7回目の全国大会へ駒を進めた。

 主将の木村宏美さんは「初戦、2回戦と互いに手札が1枚ずつの『運命戦』にもつれ込んだが、運よく自陣の札が読み上げられ、勝利することができた。実力が均衡した大会で優勝できてうれしい」と喜びを語った。「今年は女子だけのチーム。チームワークを武器に、全国大会は運だけでなく、確実な試合を心がけ、ベスト4を目指したい」と意気込む。

 全国大会は7月19日(日)に滋賀県大津市の近江勧学館で開催される。

大人気「担々麺」をレトルトで!

小田原で長年愛される「タンタン麺」+「タンタンモッチー」を限定販売中!

https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14003104/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

真鶴音頭が「ふる里の民踊」に

真鶴音頭が「ふる里の民踊」に

地元保存会の活動が評価

6月22日

西湘足柄への移住を促進

神奈川県

西湘足柄への移住を促進

コンシェルジュが地元案内

6月22日

ローカルで人材採用

さがみ信金ルイーダ

ローカルで人材採用

「Odawara Jobs」創設

6月15日

山林維持にMTBが一役

(株)T-FORESTRY

山林維持にMTBが一役

自転車活用、国交省が評価

6月15日

コロナ前の9割に回復

箱根町

コロナ前の9割に回復

2023年入込観光客数

6月8日

8日から「あじさいまつり」

開成町

8日から「あじさいまつり」

土・日中心にイベント多数

6月8日

あっとほーむデスク

  • 6月15日0:00更新

  • 6月8日0:00更新

  • 6月1日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お店のプロの技を体験

おだわらシルミル講座紹介【3】

お店のプロの技を体験

参加店舗で予約受付

6月1日~6月30日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    6月22日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook