神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

建設マスター 県西唯一 三上さんが受賞 指導員としての実績も評価

文化

公開:2015年10月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
真剣な眼差しで鏝(こて)を握る三上司さん
真剣な眼差しで鏝(こて)を握る三上司さん

 国土交通省が選ぶ建設産業の優秀施工者(建設マスター)」に、県西地域では唯一、小田原市の左官工・三上司さん(43歳・(株)三上工業専務取締役)が選ばれた。

 建設マスター顕彰は、1992(平成4)年度から実施されている。今年度を含め全国で8819人が表彰されている。神奈川県内の左官工は、今回の三上さんを含め18人が選ばれているが、小田原では三上さんが初受賞となった。三上さんは「なかなかもらえない賞なので嬉しい。諸先輩や組合あってのこと。これからも業界のために貢献していきたい」と喜びを語った。

 小学校の卒業文集に将来の夢を「左官」と書いていた三上さん。高校を卒業すると同時に、父・誠司さんが社長を務める三上工業に入社する。

 何もないところから、自らの手を介して建物が出来上がっていく面白さに魅了され、20歳の時には現場を任されるほどに成長した。

 左官をはじめ職人の世界も高齢化の波は激しい。三上さんは、左官の魅力を伝えながら人材を育てるため、2010年に自ら左官技能指導員の資格を取得。若手の職人に、国家試験である左官技能検定を取得させるべく、自社近くに練習用スペースを設け、技能訓練を中心に指導している。「手に職をつければ、自分の腕で稼げ、どこでも仕事ができる。日本の『ものづくり』の将来を、自らが担う、ということに面白みを感じてもらえれば」と話す三上さん。現在、県西地区で左官の指導員は三上さんだけのため、その期待と責任は大きい。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

対象拡大など実証継続へ

相乗りタクシー・助成券事業

対象拡大など実証継続へ

バス減便補完「一定の効果」

2月24日

インフルエンザ流行続く

1市3町

インフルエンザ流行続く

学級閉鎖も相次ぐ

2月24日

過去最大の1997億円

小田原市当初予算案

過去最大の1997億円

大規模災害の備えも

2月17日

作品展示で「魅力知って」

小田原市 民生委員児童委員

作品展示で「魅力知って」

担い手不足 新手法で対策

2月17日

11年ぶりに最優秀受賞

広報小田原

11年ぶりに最優秀受賞

県コン 「切り口」と「笑顔」評価

2月10日

1市3町、災害の備えは

本紙調査

1市3町、災害の備えは

食料・トイレの備蓄を調査

2月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月24日0:00更新

  • 2月17日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook