青みかんシロップを手掛ける 秋澤 史隆さん 小田原市沼代在住 40歳

掲載号:2020年6月6日号

  • LINE
  • hatena

ほしい未来は自分の手で

 ○…甘い温州ミカンを育てるために、摘果していた小さな実。これまで当たり前のように捨てられていたが、商品化によって新しい価値を生み出していければ生産者の可能性は広がる。「青みかんシロップ」はその一つだ。素材で勝負する農家と、カクテル一杯に魅力を込めるバーテンダーがともに開発した。「お互いの得意分野が融合し、みんながほしいものを作っていけたら」

 ○…大勢でワイワイと盛り上がる雰囲気が大好き。家族のほかに、アジア諸国からの研究生に囲まれて、賑やかな環境で育った。年齢も国籍も言葉の壁も、何一つ隔たりを感じさせない持ち前の明るさは、幼少の頃から培われていたのかもしれない。「ひっきりなしの大家族」と話す通り、今も4世代10人家族。4人の父親でもある。

 ○…「作るだけでなく、新しい技術を取り入れたい」と、高校からバイオテクノロジーも学んだ。学生時代はアジアやアフリカへ農業研修に行き、1年間休学して南米へ。先人が開拓したアマゾン中流域の村やパラグアイ、アルゼンチンを回り、日本人が展開する「信用される農業」を目の当たりにした。「ただ安く売るだけでは衰退の一途。持続可能な日本らしい農業を、自分も繋げていきたい」

 ○…柑橘や野菜を栽培する傍ら、果汁を使った商品を作るための加工場を建てた。ここでも大切にしているのが、持続可能性だ。建材には先祖代々受け継ぐ山の木を使い、壁には家族で編んだ竹と田んぼから取ってきた粘土を使った。今後は山や加工場を多様な人とシェアし、豊かな環境を守りながら販路を広げていくことが目標だ。「ほしい未来は自分たちで創造する」自然な笑顔からは、どっしりとした強い意志が感じられる。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

清水 勲さん

内閣府からエイジレス章を受章した

清水 勲さん

小田原市城山在住 77歳

10月24日号

芥川 卓さん

小田原市倫理法人会の会長に就任した

芥川 卓さん

開成町在住 57歳

10月17日号

山本 博文さん

横浜銀行の理事・小田原支店長を務める

山本 博文さん

小田原市出身 55歳

10月10日号

栁下 正祐さん

10月1日付で小田原市教育長に就任した

栁下 正祐さん

小田原市寿町在住 65歳

10月3日号

初鹿 真樹さん

小田原バリアフリーマップづくりに取り組む作業療法士

初鹿 真樹さん

小田原市中町在住 43歳

9月26日号

松本 一彦さん

新町長として真鶴町政の舵取り役を担う

松本 一彦さん

真鶴町在住 54歳

9月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク