神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

(株)RiceWine森山酒造 小田原市に酒蔵を新設 「HINEMOS(ヒネモス)」を世界に

社会

公開:2021年6月12日

  • X
  • LINE
  • hatena
HINEMOSを紹介する酒井社長
HINEMOSを紹介する酒井社長

 日本酒を製造・販売する(株)RiceWine(本社・小田原市/以下・ライスワイン)と、愛知県の森山酒造が協力し7月、小田原市鬼柳の冷蔵倉庫内に酒蔵を新設する。完成すれば県内14蔵目、小田原市内では唯一の酒蔵となる。

 ライスワインは代表取締役の酒井優太さん(36)が2018年に設立したベンチャー企業で、19年から自社ブランドの日本酒シリーズ「HINEMOS」を主にインターネットで販売している。

 酒井さんは(株)リクルートの出身で、海外でITの仕事に携わってきた。息子の誕生を契機に独立し、17年に妻の実家近くの小田原市へ。海外のビジネス市場で勝負するために、日本の伝統産業である日本酒に着目し、HINEMOSの企画・販売を進めてきた。これまでは、大井町の井上酒造に委託醸造していた。

 新設される酒蔵での酒造りは、愛知県から移転する森山酒造が行う。井上酒造で杜氏を担っている湯浅俊作さん(32)の実家が営む酒蔵で、このたび湯浅さんが12代目として父親から引き継ぐ。また、酒蔵を冷蔵倉庫内に設けることで、これまで寒い冬場にしか醸造できなかった日本酒を1年中造ることが可能となり、製造量を通常の3〜4倍に向上させられる。

 HINEMOSは「時間に寄り添う日本酒」をコンセプトに、銘柄には「SHICHIJI」や「NIJI」など、日本語の時間が名づけられている。「味に多様性があるので、好きなものを選んでもらえたら」と酒井さん。現在、8銘柄が展開されており、20年12月に発売された170ミリリットル8本セットは1万本が即完売するなど人気を博している。都内を中心に飲食店100店舗にも販路を広げており、今後は海外での販売を増やしていく予定だ。

仕込みタンクや貯蔵タンクを設置する冷蔵倉庫内
仕込みタンクや貯蔵タンクを設置する冷蔵倉庫内

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

「飛鳥III」就航前に公開

町立湯河原美術館

「飛鳥III」就航前に公開

画家の平松礼二さん 特別展

7月20日

危険な暑さに「避難場所」

小田原市

危険な暑さに「避難場所」

民間と公共23施設を指定

7月20日

開館30周年で記念企画

小田原市立中央図書館

開館30周年で記念企画

市民連携で「出会う機会を」

7月13日

巡る箱根芸術祭、初開催

巡る箱根芸術祭、初開催

7月19日から、約20会場で

7月13日

真鶴で100人のパレード

西湘クィアプライド

真鶴で100人のパレード

LGBTQ+、知る契機に

7月6日

見守りサービス認知向上へ

小田原市

見守りサービス認知向上へ

推進協議会を設立

7月6日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月20日0:00更新

  • 7月13日0:00更新

  • 6月29日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ビーチカルチャーを発信

小田原サーフィン協会

ビーチカルチャーを発信

御幸の浜でイベント

7月28日~7月28日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 1/Fゆらぎ

    元セリエA記者・佐藤貴洋がFリーグ解析

    1/Fゆらぎ

    1/fゆらぎのような「五感に響く心地よさ」をFリーグで

    7月13日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook