神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原競輪が存続へ 「巣ごもり需要」で黒字増

社会

公開:2021年12月11日

  • X
  • LINE
  • hatena
小田原競輪場
小田原競輪場

 小田原市は収支の赤字等から存廃を検討してきた「小田原競輪」についてインターネット投票や経営改善策等で安定した収益が期待できるとして、存続させる方針を固めた。12月2日の市議会総務常任委員会で報告した。

 小田原競輪は戦後の復興事業として1949年に設立。競輪事業による収益で市の財政に貢献してきた。

 しかしレジャーの多様化やファン層の高齢化等で人気が下火になると来場者が減少、91年度の売り上げ約551億円、繰出金48億円をピークに減少傾向にあった。2012年度と15年度、17年度は一般会計への繰り出しを継続したものの実質単年度収支は赤字だった。

 そこで市は施設の老朽化が進んでいる状況等も踏まえ、18年度に庁内関係課で検討会議を設置して19年度から経営改善に着手。民間包括委託をして業務を見直したほか、新たなファン層の獲得を目指して「ガールズケイリン」や川崎競輪場を借り上げた「ミッドナイト競輪」、午前中開催の「モーニング競輪」を取り入れた。その結果黒字転換、21年度は163億円の売り上げで5億円の黒字となる見込みで、一般会計に1億円が繰り入れられる見通しという。また22年度以降も黒字が見込めるとして施設の老朽化に関しても「一定の改修を計画的に実施できる見通しが立った」としている。

 黒字化に大きく寄与したのがインターネット投票。スマホなどから投票できる手軽さがコロナ禍の”巣ごもり需要”とマッチし、利用者が増加した。特に20年度に試行導入し、今年度から本格実施した「モーニング競輪」は競合相手が少なく収益拡大につながった。さらにライブ配信サービスで生中継と解説を行うことで、若い世代の取り込みに繋がった。市公営事業部は「最近はインターネット投票をきっかけに競輪場を訪れる人もいる」と話す。

 なお市は「基本的には存続させるが、赤字もしくは赤字が予測される状況となった場合には廃止を検討する」方針を継続するという。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ローカルで人材採用

さがみ信金ルイーダ

ローカルで人材採用

「Odawara Jobs」創設

6月15日

山林維持にMTBが一役

(株)T-FORESTRY

山林維持にMTBが一役

自転車活用、国交省が評価

6月15日

パワリフで世界に挑戦

小田原市出身宍野友哉さん

パワリフで世界に挑戦

クラファンで支援呼びかけ

6月8日

コロナ前の9割に回復

箱根町

コロナ前の9割に回復

2023年入込観光客数

6月8日

8日から「あじさいまつり」

開成町

8日から「あじさいまつり」

土・日中心にイベント多数

6月8日

こども園整備に園児の声

小田原市橘地域

こども園整備に園児の声

下中幼稚園でワークショップ

6月1日

あっとほーむデスク

  • 6月15日0:00更新

  • 6月8日0:00更新

  • 6月1日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お店のプロの技を体験

おだわらシルミル講座紹介【3】

お店のプロの技を体験

参加店舗で予約受付

6月1日~6月30日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook