神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

湯河原町 「クラフト温泉」開発へ 自宅で湯治 PR強化

社会

公開:2022年3月5日

  • X
  • LINE
  • hatena
温泉街がある湯河原町
温泉街がある湯河原町

 温泉資源の新たな活用法として、湯河原町は来年度、自宅でも温泉入浴を楽しめる「(仮称)クラフト温泉」の開発・商品化や販売に向けたPRに力を入れる。町観光課は「これを機に、湯河原町の魅力をさらに多くの人に知ってもらいたい」という。

 町によると、クラフト温泉とは、天然温泉を独自技術でドリップし、温泉の成分濃度を増強した液状のもの。家庭の浴槽(約250リットル)に、ボトルに詰めたクラフト温泉(25ミリリットル)を入れることで自宅でも温泉入浴を楽しめるという。複数ある町営の源泉や、町内の民間の温泉などを活用しており、町観光課は「コロナ禍でも、自宅でできる『現代版の湯治』としてお勧めしたい」としている。

 町は商品名や販売価格について「今後詰めていく」としている。販売代理店は湯河原温泉観光協会を予定しており、町内の宿泊施設や土産物店などで販売するという。

 湯河原町が2月に発表した2022年度当初予算案では、新規事業「新たな温泉資源活用事業」として1200万円を計上。町は今年度からすでに準備を進めており、3月下旬までに同事業の関連イベント開催を予定している。町担当者は「販売開始時期は先になるが、まず来年度からはプロモーションを強化していきたい」という。

若者の認知向上目指す

 町が20年に、関東と静岡県に住む1000人に実施した認知度アンケート調査によると、「湯河原町の概ねの場所を知っているか」の問いに「知らない」と回答した人は全体の約30%だった。ただ18、19歳では約60%に上り、若年層の認知度の低さが際立った。

 そこで町は「特に流行に敏感な若い世代の人たちにも湯河原町を知ってもらい、クラフト温泉を新しい特産品として認知してほしい」と、同事業の商品企画やプロモーションを、日本最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション」を企画・運営している(株)W TOKYOに業務委託して進める予定。地方創生やSDGs推進事業も手掛けている同社と協力し、商品のPRなどを強化したいとしている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

まちに住んだ著名人の記録

十字町商店会

まちに住んだ著名人の記録

歴史冊子「ヒストリア」刊行

5月18日

箱根町が県内最低

合計特殊出生率

箱根町が県内最低

唯一「1.0」を下回る

5月18日

優勝目指し「アツマーレ」

湘南ベルマーレF

優勝目指し「アツマーレ」

小田原駅前で開幕イベント

5月11日

阿武剋関に化粧まわし贈呈

旭丘高校

阿武剋関に化粧まわし贈呈

同校出身、新十両に昇進

5月11日

若き山田太一氏の足跡

小田原高校中等教育史料館

若き山田太一氏の足跡

母校との縁 企画展で紹介

5月4日

末裔集い「戦国武将サミット」

末裔集い「戦国武将サミット」

講演会、大茶会など3日間

5月4日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook