神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

無住庵 国有形文化財 登録へ 小田原市内で27件目

文化

公開:2022年11月26日

  • X
  • LINE
  • hatena
閑静な同館内に佇む無住庵
閑静な同館内に佇む無住庵

 国の文化審議会は11月18日、松永記念館無住庵(小田原市板橋)を登録有形文化財とするよう文部科学大臣に答申した。小田原市によると、2〜3カ月後に正式に登録予定。登録されると市内の登録有形文化財は27件となる。

 無住庵は、戦後の電力再編成で大きな役割を果たした実業家で、茶人「耳庵(じあん)」としても知られる松永安左ヱ門(1875―1971)が建てた茶室。昭和に流行していた「田舎家」と呼ばれるひなびた風情を好む趣向が体現されている。このほか、築200年の民家古材を用いている点などが、明治時代以降の重要な近代文化財として評価された。同館の担当者は「耳庵の頭の中にある田舎の家を具現化した建物」と魅力を話す。

 耳庵の没後、無住庵は近隣の民家に移築されたが、2017年に寄贈を受けた市が、約3年間かけて現在の場所に移築復元した。同館は無料で公開されている(午前9時〜午後5時)。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

県合同チームに5人選出

西湘高校ラグビー部

県合同チームに5人選出

全国めざし関東の舞台へ

3月2日

県内初の軽EVタクシー

箱根モビリティ

県内初の軽EVタクシー

22日から運行開始

3月2日

対象拡大など実証継続へ

相乗りタクシー・助成券事業

対象拡大など実証継続へ

バス減便補完「一定の効果」

2月24日

インフルエンザ流行続く

1市3町

インフルエンザ流行続く

学級閉鎖も相次ぐ

2月24日

過去最大の1997億円

小田原市当初予算案

過去最大の1997億円

大規模災害の備えも

2月17日

作品展示で「魅力知って」

小田原市 民生委員児童委員

作品展示で「魅力知って」

担い手不足 新手法で対策

2月17日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月2日0:00更新

  • 2月24日0:00更新

  • 2月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年3月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook