神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原市 民生委員児童委員 作品展示で「魅力知って」 担い手不足 新手法で対策

社会

公開:2024年2月17日

  • X
  • LINE
  • hatena
やりがいや魅力を伝える作品とPRチームメンバー
やりがいや魅力を伝える作品とPRチームメンバー

 民生委員児童委員の魅力を絵画などで伝える作品展が3月3日(日)まで、小田原地下街ハルネ小田原で開かれている。会場には縦1・4m×横5mの作品も展示され、通行人の注目を集めている。

 地域の高齢者や子どもに目を配り、行政や各種団体とのつなぎ役や相談役を務める民生委員児童委員。市内では334人が1期3年のボランティアとして活動している。

 市の委員定数は344人と、現在の充足率97%は堅調だが、新たな担い手は少なく、「次が見つかるまで」と繰り越しで任を続ける委員も多い。

 市民生委員児童委員協議会では、自治会長らが目星をつけて打診する従来の手法やPR手段を再検討。昨年7月に岡田健会長ら8人が「PRチーム」を組織し、課題解決に取り組んできた。チームでは絵や写真で周知を広げようと、制作を開始。今回初めてハルネでの展示企画を行った。

 2カ月かけて仕上げた作品は、活動紹介や住民からの感謝の言葉などを恐竜の成長過程として表現。岡田会長は「民生委員をやって良かったという体験などを発信して、まずはそのやりがいを知ってもらうことが大切」と意義を話す。

 民生委員児童委員や作品展の問い合わせは市福祉政策課【電話】0465・33・1863。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

甘柑荘が定期公開へ

小田原市板橋

甘柑荘が定期公開へ

「虎に翼」主人公モデルゆかり

4月20日

学生主役のステージ登場

ライブイベント小田原大合戦

学生主役のステージ登場

高校生中心に企画運営

4月20日

県1部昇格を目指す

社会人サッカー久野FC

県1部昇格を目指す

昨年度からリーグに加盟

4月13日

箱根町が先駆モデル地域に

オーバーツーリズム対策

箱根町が先駆モデル地域に

混雑緩和へ、今夏事業開始

4月13日

1市2町でプラスに

公示地価

1市2町でプラスに

バブル期以来の上昇基調

4月6日

新作はMFゴースト版

小田原市マンホールカード

新作はMFゴースト版

市内誘客 人気アニメ活用

4月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 4月13日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook