青葉区版 掲載号:2017年10月5日号
  • googleplus
  • LINE

再起戦でTKO勝利

スポーツ

市内出身 ボクサー望月選手

熱戦を繰り広げる望月選手(加藤さん提供)
熱戦を繰り広げる望月選手(加藤さん提供)
 緑区出身のプロボクサー望月直樹さん(横浜光ジム/日本フライ級8位)が、先月29日東京・後楽園ホールで行われたキットン・サイトーンジム選手とのフライ級8回戦に臨み、3ラウンド1分37秒TKO勝利を収めた。

 今年3月、現東洋太平洋フライ級王者中山佳祐選手に敗北を喫した望月選手。今試合は6カ月ぶりの再起戦となった。初回は試合の様子を見ながら相手にプレッシャーをかけ、3ラウンド、コンビネーションの左ボディーブローでダウンを奪うと、立て続けにダウンを追加しレフリーストップに。3R1分37秒でTKO勝利となった。

 「6カ月ぶりのリングに緊張した。無事に再起できホッとした」と望月選手。3月の敗北には並々ならぬ悔しさを感じたといい、「長くつらい期間を過ごしたが、地元の方々の温かい声が励みになった」と話した。今回の試合には地元で発足した後援会をはじめ、多くのファンが足を運んだ。試合を見守ったという加藤秋男さんは「危なげない試合で安心した。11月にも試合が決まったそうなので、ぜひ頑張って欲しい」と話した。

関連記事powered by weblio


青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

漫画家のトークライブ

漫画家のトークライブ

「岡崎に捧ぐ」山本さほさん

11月25日~11月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク