中原区版 掲載号:2017年1月1日号

意見広告

誰もが安心して働き、暮らしていける神奈川に

日本共産党神奈川県会議員 君嶋ちか子

 津久井やまゆり園事件は悲惨な経験でしたが、この辛さは次の明るさに繋げなければなりません。

【支援施設の働き方】

 私たちに問われることは多くありますが、神奈川県がやらなければいけないことの一つは、障がい者支援施設の改善だと思います。県立施設で働いていた元職員が引き起こした事件です。この行為自体は何を持っても免罪できませんが、何かの引き金になるような状況は例外ではありません。

 重度障がい者の支援施設で働くことは、喜びとともに困難も伴います。「追いつめられ、利用者を人間と思えなくなる」と語る人もいました。「同じような行動をとってしまったらと怖くなり職場を辞めた」という話も聞きました。

【社会になくてはならない仕事】

 介護や障がい者を支える仕事は、人間社会にとって不可欠です。またきつい肉体労働であるとともに対人業務の難しさも、専門性も求められます。

 それらを支えるにふさわしい処遇と社会的評価が必要ですが、現在職員の労働条件は低く、仕事はハードです。一人で追いつめられる場面も少なくないと思います。職員の配置基準を増やし、ゆとりを持って仕事ができる状態をつくりたいものです。そのためには国や自治体がもっと役割を果たさなければなりません。

【安心して暮らせる社会】

 今、自治体の施設がどんどん直営から切り離されています。自治体施設の管理運営を民間に任せることを可能にする指定管理者制度もその一つです。指定管理者はコスト削減とともにサービスの向上を求められます。そのしわ寄せは人件費に集中します。

 県立津久井やまゆり園も、かながわ共同会が管理・運営を任されています。県直営時に比べ経費削減を強いられ、職場体制も厳しくなっています。

 福祉の充実は「誰にとっても住みやすい社会」に通じると思います。住民の暮らしに優先的に税金を使い、安心な社会を実現したいものです。

君嶋ちか子

中原区下沼部1918-6

TEL:044-544-7151

http://kimishima.jcpweb.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6件

関連記事(ベータ版)

中原区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/