緑区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

市会レポート2019年30 横浜市救急電話相談を進化 横浜市会議員 高橋まさはる

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 核家族化が進む現代では身近に相談先がなく、急な病気やケガに際し「救急医療機関を受診するか」「家庭で見守るにはどのようにするか」「救急車を呼ぶ必要があるか」など、不安を抱える市民が多くいます。

 直接電話で相談できる安心政策として、平成16年3月に私が小児救急電話相談を提案しました。

 その結果、平成18年7月に横浜市独自の小児救急電話相談(いいナース)が開始。平成22年には対応時間の拡大が図られ、平成23年には高齢社会の到来を踏まえ、対象者を幅広い年代とした救急電話相談体制にすべきと質問。平成28年1月に全年齢を対象とした総合的に一つの電話番号(♯7119)で24時間365日相談できる救急電話相談が開始。提案から12年かけて進化させました。

 救急相談センター(♯7119)をより多くの市民の皆様に知っていただくことが重要です。旅行先など(市外)からでは救急車は呼べませんが、電話で相談ができる【電話】045・232・7119も是非ご利用ください。

 無縁社会と言われる今、認知症のコールセンターなど、どうやったら安心につながっていくのか、御家族を含め、安心して自宅で暮らしていける環境づくりに努めてまいります。

 今年も、ほっとけない!をモットーに、一人の声を大切に、あらゆる人が安心できる緑区を実現します!

高橋まさはる

横浜市会議員

TEL:045-929-5305

http://www.masaharu.info/

緑区版の意見広告・議会報告最新6

みなさんの声が活動の源

みなさんの声が活動の源

神奈川県議会議員・やなぎした剛

5月1日号

令和のはじめに

令和のはじめに

神奈川県議会議員(緑区選出) 古賀てるき

5月1日号

令和の時代がいよいよ幕開けです!!

横浜市会議員 斉藤たつや

令和の時代がいよいよ幕開けです!!

5月1日号

早速、5つのチャレンジを始動します!!

斉藤たつやが語る、緑区の未来

早速、5つのチャレンジを始動します!!

4月18日号

体育館に「空調設備」設置へ

市会レポート2019年31

体育館に「空調設備」設置へ

横浜市会議員 高橋まさはる

3月28日号

働き方改革で暮らしを豊かに

意見広告

働き方改革で暮らしを豊かに

伊藤たかし

3月28日号

国県市の連携で児童虐待ゼロへ

対談「総合力で地域を支える」

国県市の連携で児童虐待ゼロへ

企画・制作=自民党横浜市緑区支部

3月28日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク