金沢区・磯子区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

洗足学園高校3年生で今年4月「ソウル国際音楽コンクール」バイオリン部門で優勝した 毛利文香(ふみか)さん 横浜市在住 18歳

向上心で世界に羽ばたく

 ○…今年4月29日、弱冠18歳の少女のバイオリン演奏が世界の音楽家たちを魅了した。若手演奏家の登竜門とされる韓国での「ソウル国際音楽コンクール」で、最年少の優勝を果たした。シベリウスのバイオリン協奏曲を弾き終えた瞬間、聴衆から大絶賛の拍手が沸き起こり、世界17カ国 76人中最高位に輝いた。「優勝者として名前が呼ばれた瞬間、本当に驚きました。ファイナル(決勝)で弾けただけで幸せでした」。生まれて初めて挑んだ国際大会だった。

 ○…日本人で初の快挙。韓国メディアは「弦の女王」と大々的に報じた。「現地の新聞社の取材を受けました。心境や将来の夢を聞かれ、自分自身について改めて考えるきっかけになりました。すべてが良い勉強です」。大会で得たのは最優秀の称号だけではない。他の決勝進出者らの卓越した演奏も耳の奥に残っている。「表現の仕方が力強かった。もっと強く気持ちが伝わる演奏ができるようになりたいので、良い刺激になりました」

 ○…2010年、国内トップレベルの大会である「日本音楽コンクール」で3位を獲得。以後「いつか世界のコンクールに出たい」と思っていた。恩師の薦めで韓国での大会出場を決意し、ソウルへ渡った。滞在中の4月20日、18回目の誕生日を迎えた。その9日後、優勝という生涯忘れられない「誕生日プレゼント」をもらった。「家族も先生も友達も応援してくれた。皆さんに感謝したいです」

 ○…バイオリンとの出会いは3歳のとき。以来、毎日の練習が日課。平日は約4時間、休日は時間の許す限り腕を磨く。練習するほど「次にやるべきことが見つかる。辛いと思ったことはありません。もっと練習して上手くなりたい」。将来、各国で活躍するバイオリニストを目指し「英語の勉強にもっと力を入れたいです」。日々、切磋琢磨。世界に羽ばたく音楽家の向上心に果てはない。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

小島 信博さん

磯子区太極拳協会会長として普及活動に力を入れる

小島 信博さん

2月1日号

小竹 一臣さん

お米マンプロジェクトの代表で子どもたちへの食育に力をいれる

小竹 一臣さん

1月25日号

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク