金沢区・磯子区版 掲載号:2012年12月20日号
  • googleplus
  • LINE

金沢区の風景写真を収録した写真集「横浜金沢の潮風」を自費出版した 向(しょう)朝喜(ちょうき)さん 平潟町在住 67歳

寡黙な男は写真で語る

 〇…「フィルムを見つけた時はもう校正段階だったのですが、これは目玉になるのではと思った」―歌川広重が描いた金澤八景のひとつ「平潟落雁」の構図と同じ写真が、このほど出版した写真集の表紙を飾る。わずか50年ほど前は、まだ江戸時代の風景が残っていたことがうかがえる。「これで雁が飛んでいれば完璧なんですけど」。写真集には自然豊かなこの地が、埋め立てや開発で姿を変え始めた昭和30年から40年代に撮りためた300枚以上を収録。「思い出ある風景を後世に残したかった」と照れくさそうにつぶやく。

 〇…カメラ店の店先でたまたま目に入ったカメラ「オリンパスペンFT」。「シャレている」と即購入し、写真に夢中になったのがハタチの頃。仕事が休みの土日には、カメラを携え外出し、様々な風景や人物を撮ってきた。野島や小柴で魚釣りや潮干狩りをする人々、埋め立て前の柳町、金沢山から切り崩した土を運ぶベルトコンベヤー…。いい構図だなと思えば迷わずシャッターを切った。「(開発で)とても便利になったけど、昔の風景も残って欲しいねえ」。地元への愛着がにじむ。

 〇…金沢湾は、カキ養殖の父と呼ばれた宮城新昌が初めて養殖場と研究所を作った地。宮城の親戚だった父親は、昭和初期に研究員として沖縄から移り住んだという。自身は金沢の海辺で生まれ、目の前の海の幸で育ち、葉山の漁師に紹介された造船所に就職。「海」とは切っても切れない絆を感じる。「写真もなぜか海を写したものが多いんだ」

 〇…今でもカメラは出かけるときの必携品だ。10月に家族で八景島に花の写真を撮りに出かけた時のこと。「写真でなく、代わりに子ネコを拾ったんです」。以来、一番の被写体として活躍しているのだとか。「本当に可愛い」と目を細める。「これから撮りたいのは家族。大好きですから」。しゃべるのは苦手という寡黙な男は、家族への愛情さえも写真に込める。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6件

吉成 和幸さん

50周年を迎えた高舟台自治会の会長を務める

吉成 和幸さん

2月15日号

武部 貴則さん

1月15日、現役最年少で横浜市立大学先端医科学研究センター担当教授に就任した

武部 貴則さん

2月8日号

小島 信博さん

磯子区太極拳協会会長として普及活動に力を入れる

小島 信博さん

2月1日号

小竹 一臣さん

お米マンプロジェクトの代表で子どもたちへの食育に力をいれる

小竹 一臣さん

1月25日号

芳垣 隆司さん

「新春百人一首大会」を主催した釜利谷地区青少年指導員協議会の地区長を務める

芳垣 隆司さん

1月18日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月11日号

金沢区・磯子区版の関連リンク

あっとほーむデスク

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ五輪通し共生社会を

3月19日

パラ五輪通し共生社会を

田口さんが人権講演会

3月19日~3月19日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 果物の頭はどこ?

    金子さんの草花の不思議発見第9回 リンゴとミカン

    果物の頭はどこ?

    文・日本自然保護協会自然観察指導員 金子昇(金沢区富岡西在住)

    2月15日号

  • 物語でめぐるわが街

    著・徳冨蘆花(「自然と人生」岩波文庫)

    物語でめぐるわが街

    文・協力/金沢図書館『沙濱の潮干』

    2月8日号

  • 富岡に残る戦跡

    金沢区制70周年記念連載 「地元の歴史 振り返る」第21回

    富岡に残る戦跡

    文/NPO法人横濱金澤シティガイド協会本コラムでは2018年5月に金沢区が区制70周年を迎えるにあたり、シティガイド協会の協力を得て、地元の歴史を振り返る

    2月8日号

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク