金沢区・磯子区版 掲載号:2014年5月22日号 エリアトップへ

5月25日に開かれる「瀬戸マルシェ」を主催する金沢研究会の代表 藤井 ひとみさん 六浦在住 20歳

掲載号:2014年5月22日号

  • LINE
  • hatena

持続性あるまちづくりを

 ○…「金沢区にシイタケ農家があるなんて」。その純粋な驚きが、5月25日に開催される「瀬戸マルシェ」の出発点だった。既存の地域資源を活用して何ができるのか――金沢で育ち、学ぶ学生として考え結実させた一つのカタチを「地元の魅力を新たに発見できる、きっかけになれば嬉しい」と話す。

 ○…小さい頃から手芸が好きで、「いつか地元でおしゃれなカフェ風の手芸店がしたい」という夢があった。だが年を重ね、店を出すことを現実的に考えると、「金沢区でおしゃれなお店が受け入れられるのだろうか」という疑問が。その答えを見つけたいと、街の景観そのものに関心を持つようになった。「いろいろ考えた結果、一つの店舗で考えるのではなく、『街全体のブランディング』という観点に行きあたったんです」。専門的に学びたいと「鈴木国吉ゼミ 金沢研究会」のある横浜市立大学に進学することを決めた。

 ○…大学1年生の夏休み、能登半島の地域ベンチャー留学に挑戦。「まちづくり会社」の社長の右腕として、働く日々は「衝撃と刺激に満ちていた」と振り返る。聞いたり読んだりしただけではイメージが湧きにくかった「採算の取れる事業ベースでまちづくりをする」ことの重要性を肌で感じた。「ボランティアでなく、賃金がある仕事として取り組めば、持続性が生まれ、もっとすごいサービスが出来るはず」とキラキラと輝く笑顔を見せる。

 ○…「知らない人に話しかけるのは苦手」というが、興味のあることに対して臆することはない。まちづくり活動に加え、ビッグバンド演奏、書道、旅など多彩な趣味にも手を抜かず取り組んできた。その結果、忙しさのあまり体を壊したことも。「『金沢愛』が深いと思われがちだけど、街自体が好きというより、(街を構成する)家族や友人がいる場所だから大切」。周りの人を幸せにするまちづくりを全力で模索する。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

宝井 琴星さん

11月14日に金沢区の長浜ホールで講談「野口英世伝」を読む

宝井 琴星さん

港南区在住 72歳

10月22日号

尾城 杏奈さん

「ピティナ・ピアノコンペティション」の最難関ソロ部門・特級でグランプリを受賞した

尾城 杏奈さん

栄区在住 23歳

10月15日号

秋山 和義さん

公益社団法人大日本弓馬会・武田流の射手として活躍する

秋山 和義さん

磯子区丸山在住 48歳

10月8日号

林 善晴さん

横濱金澤シティガイド協会の理事長で7月から横浜ボランティアガイド協議会の会長を務める

林 善晴さん

金沢区寺前在住 72歳

10月1日号

今井 聖さん

句集「九月の明るい坂」を出版した

今井 聖さん

磯子区洋光台在住 69歳

9月24日号

廣嶋 玲子さん

テレビアニメ化される児童書『ふしぎ駄菓子屋 銭天堂』の著者

廣嶋 玲子さん

磯子区出身 39歳

9月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月9日18:45更新

  • 9月3日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク