金沢区・磯子区版 掲載号:2016年10月13日号 エリアトップへ

日本有数のジャズヴァイオリニストで、生涯学習「西柴」の観月会でその音色を響かせた 里見 紀子さん 西柴出身

掲載号:2016年10月13日号

  • LINE
  • hatena

ジャズで魅せる”自分らしさ”

 ○…凛と伸びた立ち姿とは裏腹に、表情豊かに奏でられる音色。「ノリノリ」の愛称よろしく、情感に富んだヴァイオリンの音で観月会の夜を魅了した。故郷・西柴でのコンサートは初。「故郷に錦を飾りに来ました」と笑顔を咲かせる。心にいつも置くのが、「常に最高の演奏を」。生まれ育った地元に、まさに”最高の演奏”を届けた。

 ○…2歳でヴァイオリンに触れて以来、腕を磨いてきた。小学校の卒業アルバムに記した夢は「ヴァイオリニスト」。自然と密接した西柴の環境も少なからずその音楽性を育んだ。「裏山で絵を描いたり、海の公園まで走ったり」と想起する。「自然の美しさを表現する音楽。海や山と触れ合うのは欠かせない体験だった」。東京藝大でヴァイオリンを専攻。「のめり込んだ」というオーケストラでは、指揮者を置かないスタイルに挑戦。「管楽器も全て把握して演奏する。皆で作り上げる経験ができた」と笑う。

 ○…「人が書いた楽譜だけを弾いて死ぬのはいや」。オーケストラピットに収まって模索する日々。当時、劇団四季の同じ公演に参加していた演奏者がジャズチェロを弾くと知り、ライブハウスに足を踏み入れると「これかも」と直感した。「即興演奏で、同じ日でも同じメンバーでも違う音楽になる」。自分にしかできない表現が見つかるかもしれない。「これがだめならやめる」覚悟で飛び込むと耳コピーやトッププレイヤーから技を盗み、独学でジャズヴァイオリンを確立した。

 ○…これまでプロになった教え子も数人。CM楽曲など華々しく活躍するが「ライブが好き。ライフワークとして続けたい」と月15本はステージに立つ。「クラシックと違い、手を伸ばせる距離でダイレクトに伝わる」。ヴァイオリンの音が嫌いだったが、好きになった――。観客からのそんな言葉が嬉しい。クラシックの強いイメージに、ジャズが加わり生まれる響き。「もっと身近に感じて」と願う。

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

春風若イチローさん(本名:高柳誠)

15日のいそご地域活動フォーラムで腹話術を披露する

春風若イチローさん(本名:高柳誠)

金沢区能見台東在住 79歳

6月13日号

舩嵜(ふなざき) 博和さん

4月25日に横浜商工会議所金沢支部長に就任した

舩嵜(ふなざき) 博和さん

金沢区能見台在住 48歳

6月6日号

武 紘一さん

5月21日付で令和初となる春の黄綬褒章を受章した

武 紘一さん

金沢区長浜在住 78歳

5月30日号

山口 晴幸さん

海洋越境廃棄物の現実をまとめた論文で「南山舎やいま文化大賞」を受賞した

山口 晴幸さん

金沢区能見台通在住 70歳

5月23日号

宮崎 正男さん

若手経営者を育成する金沢文庫「喜働塾」 塾長を務める

宮崎 正男さん

金沢区富岡西在住 87歳

5月16日号

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

岡山県岡山市出身 39歳

5月1日号

片山 みささん

第8代横浜スカーフ親善大使に就任した

片山 みささん

磯子区杉田在住 58歳

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 6月6日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

  • 2月28日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

七夕飾り

七夕飾り

23日 プララ杉田

6月23日~6月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月13日号

お問い合わせ

外部リンク