金沢区・磯子区版 掲載号:2017年12月7日号 エリアトップへ

横浜学園高等学校の理事長兼校長で2017年度県私立学校教育功労者表彰を受けた 田沼 光明さん 金沢区富岡東在住 60歳

掲載号:2017年12月7日号

  • LINE
  • hatena

プロセスを大事に

 ○…高祖父が創設した横浜学園(磯子区岡村)の校長に2001年から就き、05年からは理事長を兼任。これまでの功績が認められ、県私立学校教育功労者表彰を受けた。「私個人ではなく、学校全体が社会に貢献させて頂いたことでの受賞だと思う」。教育は即効性があるものではなく「コツコツ積み上げていくことが大事」との思いで学校運営を担う。これからも建学の精神、教育目標を生徒に伝え続けていく。

 ○…金沢区の自然豊かな環境で育ったことから「のんびりしていた」と話す。「だから、一つひとつ着実にこなす性格になったのかな」。新設の進学校に進んだ高校では、美化委員長を務め、始業1時間前に登校し校内の清掃活動に力を入れた。荒地を耕しテニスコートを整備したことも。「学校が自分の居場所となり、役割があったからこそできた」。こうした経験から、教育は体験やプロセスが大事だと実感する。「生徒が何かしようとすることを手助けすることがさらに重要」との思いを強くする。

 ○…慶應義塾大学では西洋史を、大学院では教育学を専攻し教諭の道へ。慶應義塾高、慶應義塾湘南藤沢中・高等部で、地理公民の教鞭をとった。授業では、知識の伝達だけでなく、生徒に考えさせる授業を心がけた。「自主的に一歩踏み出さないと自分の世界は広がらない。社会との関わりは学べない」。自主性を育む環境をつくることを大切にしてきた。

 ○…県私立中学高等学校協会の副理事長をはじめ、高文連、高野連の副会長などを務め「忙しい」と苦笑いを浮かべる。そんな中、必ず行うのが一日の出来事や仕事内容をノートにまとめること。「1〜2時間、ゆっくり考えてまとめる。これをやるとリラックスできる。仕事の延長だけど」と笑う。休日は、教育関連の読書に時間を割き、常に新しいものを吸収し活性化させる。「これからも生徒とともに成長していきたい」

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

坂倉 賢さん

一般社団法人横浜青年会議所の第69代理事長に就任した

坂倉 賢さん

磯子区在勤 37歳

2月13日号

熊王(くまおう) 孝弘さん

知的障害を持ち、「働きたい!私のシンポジウム」で講演をした

熊王(くまおう) 孝弘さん

金沢区在勤 21歳

2月6日号

渡邊 永望(えいみ)さん

渡邊 永望(えいみ)さん

全国学生英語プレゼンテーションコンテストでインプレッシブ賞を受賞した

1月30日号

溝口 早苗さん

洋光台地区社会福祉協議会の会長を務める

溝口 早苗さん

磯子区洋光台在住 68歳

1月23日号

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

趣味の一環でパントマイムをはじめとする大道芸をする

遠見 幸蔵さん(芸名:ジーコ)

金沢区並木在住 69歳

1月16日号

服部 誠さん

1月13日に「てんでんこ競争」を初開催するてんでんこプロジェクトの代表を務める

服部 誠さん

金沢区洲崎町在住 43歳

1月9日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

金沢シンフォニカの演奏会

金沢シンフォニカの演奏会

2月23日、金沢公会堂で

2月23日~2月23日

金沢区・磯子区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク