金沢区・磯子区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

金沢文庫駅長で平成30年「鉄道の日」鉄道関係功労者大臣表彰を受けた 鈴木 孝さん 金沢区寺前在住 59歳

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena

努力重ね、大きな花に

 ○…10月14日の「鉄道の日」翌日、長年にわたり鉄道業務に精励したとして、国土交通大臣から表彰を受けた。全国で98人、4団体が受けた今年の表彰。「鉄道従事員として、長年勤続し、認めて頂いてとても名誉なこと」と喜ぶ。

 ○…横須賀市で生まれ育ち高校卒業後、京浜急行電鉄(株)に入社した。「将来性を考えたわけでも、鉄道が好きだったわけでもなかった」。卒業後は働くのが当たり前の時代。学校の推薦枠にあり、身近だった同社を「何となく選んだ」のが縁だった。以来41年6カ月。運転や駅、総合司令など多様な業務に従事した。定年を前に今年3月から任されたのは偶然にも、結婚後30年以上住み続ける地元、金沢文庫駅の駅長。「実は息子がここの乗務区にいる」と、業務中に顔を合わせることも。普段はあまり意識していないというが、「事故があったと聞くと、息子かも…とは思う」と親心がのぞく。

 ○…「この歳になると一日一日がもったいなくて」と、休日も仲間や夫人と外に出て身体を動かす。鎌倉方面へ六国峠を歩くこともあれば、「この間は野島にある伊藤博文の別邸の中に初めて入った」と、歩いて見つける地元の面白さも。最後に仲間と楽しむ酒も欠かせず「ストレス発散」と笑う。緊急時の呼び出しに備えるため、これまで旅行には行かれなかったと言い「休みが取れれば2泊以上の旅をしたい。飛行機は怖いから鉄道で」

 ○…「自分で引いた一線は必ず守る」がモットー。「人間楽することを覚えると落ちるから、同じ環境で慣れてきても初めのころ一生懸命やったことは変えないように」。経験を踏まえて若手に指導している。表彰は「自分の努力もあるけど、仲間や家族の協力があったからこそ」。努力と感謝が今、花を咲かせた。
 

金沢区・磯子区版の人物風土記最新6

曽屋 剛和さん

曽屋動物病院の院長で「いそねこ協議会」の会長を務める

曽屋 剛和さん

磯子区杉田在住 57歳

11月14日号

門馬 勇一さん

富岡みどり会商店街の会長を務める

門馬 勇一さん

金沢区富岡西在住 70歳

11月7日号

田沼 広之さん

ラグビーワールドカップ2019のアンバサダーを務めるラグビー元日本代表の

田沼 広之さん

金沢区大川在住 46歳

10月31日号

田草川 竜都さん

RUN伴+三浦半島金沢区学生実行委員会の委員長を務める

田草川 竜都さん

金沢区在住 20歳

10月24日号

林原 泉さん

「もう一つの横浜 金沢八景史」を著した

林原 泉さん

金沢区柴町在住 86歳

10月17日号

奥脇 竜哉さん

ムエタイのラジャダムナンスタジアム認定王者となった

奥脇 竜哉さん

金沢区富岡東在住 19歳

10月10日号

北村 正(まさし)さん

9月5日付で金沢警察署の署長に就任した

北村 正(まさし)さん

金沢区在住 57歳

10月3日号

あっとほーむデスク

  • 10月31日0:00更新

  • 8月15日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

金沢区・磯子区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

金沢区・磯子区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク