港南区・栄区版 掲載号:2012年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

放射能汚染をテーマに学習会を開催する「原発のない未来を考える港南の会」代表 柿島 一夫さん 笹下在住 77歳

脱原発で子どもを守る

 ○…「見えないし、匂いもない。色もない。つかむこともできない。知らない間に侵されていく」。東日本大震災、そして福島第一原発の事故。拡散された放射能の恐ろしさをそう表現する。「だからこそ、学ばなければならない」。この思いがきっかけとなって自由に参加できる交流・学習会を2月18日に企画する。

 ○…震災前は原発に特別な関心を持っていなかったという。しかし、原発の安全神話が崩れたことで「原発をなくしたい」との思いを持つように。昨年6月、「原発のない未来を考える港南の会」を立ち上げ、チラシの配布や脱原発を訴えるパレードを続けてきたが、根底にあるのは放射能への恐怖。チェルノブイリ原発事故を引き合いに出し、人体の、特に子どもに対する影響について不安を隠さない。加えて検査体制の不備を指摘される食物汚染など危機意識は増すばかり。一方、「脱原発」を訴えると電力不足などの不利益を指摘される。それでも「人の命に関わる問題であることは、はっきりしている。私たちが、経済が、不自由になろうとも、原発はゼロにすべき」と、その思いは揺るぎない。

 ○…「世の中に働きかけて、いい社会をつくりたい」。

労働組合の副委員長を経験し、原水爆の禁止でも声を上げるなど様々な活動に関わってきた。その原点は60年安保での反対運動。26歳の時に経験した空前の規模の反政府、反米運動は、「戦争反対」という同じ思いをもつ若者の”声”だった。「自分たちの思いを伝えたい」。この経験は市民運動を続けるきっかけとなった。

 ○…笹下生まれの笹下育ち。あと2年で金婚式を迎える妻と2人で、同居する孫を近所の保育園に毎朝連れて行くのが日課だ。小さな手を引く時に感じるのは、子どもを放射能から守らなければという強い思い。「私1人で孫を守れるものではない。だからこそ運動をしなきゃ」。社会全体の、そして子ども全員の未来のために運動を続けていく。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク