港南区・栄区版 掲載号:2012年8月30日号
  • googleplus
  • LINE

刑務作業製品の展示即売会を主催する 松野 紗苗さん 笹下在住 

製品で知る「身近な問題」

 ○…全国の受刑者が製造した商品を販売し、受刑者の社会復帰支援を目的とする刑務所作業製品展示即売会。イトーヨーカドー上永谷店で9月10日まで開催されるこの催しを主催する(財)矯正協会刑務作業協力事業部横浜地方事務所の責任者を務める。

 ○…「製品を多くの人に知ってもらい、買ってもらうことで受刑者が更正に向けて動いている現状を身近に感じてもらえたら」。普段製品が販売されているのは「入りくい雰囲気がある」刑務所の敷地内。受刑者と関わりのない人とは接触する機会は少ない。そのため多くの人に製品を知ってもらおうと、定期的にスーパー等で即売会を開催している。開催場所となる店舗に対して「社会貢献を理解して場所を提供してくれている」と感謝し、「楽しみにしてる」という来場者の声もやりがいの1つだ。

 ○…港南区にある横浜刑務所ではうどんなどの麺類や印刷物などを製造しており「安全な原材料を使い、高い品質で安価が自慢」。それぞれの製品には刑務所の職員が技術指導にあたり、勉強の末にアイデアを盛り込んでオリジナル品を作り上げている。中でも「区内での一番人気は麺類」。これらの商品を作ることは刑務所の外へ出たときに技術を持ち、仕事に対する意欲を育むことが第一義。定職に就くことは再犯率の低下につながる重要な部分だ。しかし就職に意欲を持てない受刑者も多い。だからこそ刑務作業で実際の仕事を経験することで「意欲を持つ転機になれば」と語る。

 ○…「少しでも彼らの更正に役立つのであれば」。製品を購入した人からかけられた言葉を今でも覚えている。即売会の目的の1つである「一般人の受刑者への理解」の第一歩だった。服役を終えた受刑者の社会復帰には周囲の理解が不可欠。即売会で製品を目にすることで「遠い事柄ではなく、身近な問題である」と認識してもらうことの大切さを訴えていく。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク