港南区・栄区版 掲載号:2012年9月27日号
  • googleplus
  • LINE

10月13、14日に「野庭ふれあいまつり」を開催する横浜市野庭地区センターの館長 福田 正彦さん 大磯町在住 60歳

つながり、広がる施設へ

 ○…開館10周年を記念して「野庭ふれあいまつり」を開催する野庭地区センターで4月から館長を務める。共に10周年を迎えた野庭地域ケアプラザと一緒に開催するこのまつりは地元の連合自治会や港南区役所の協力のもと、多数の模擬店出店やダンス発表など、様々な企画を用意。「地域と行政、施設が持てるものを出したまつり」だという。

 ○…周年行事を決めあぐねていたとき、野庭団地連合の東井正典会長の提案から、毎年開催しているまつりの規模の拡大が決まった。そこからは野庭住宅連合の木村妙子会長も加わり、共に企画づくりに着手。地域の代表である会長らと顏を突き合わせてアイデアを捻出。「こんなのはじめてだね」と笑い合ったのは地域と施設の新たなつながりを実感したからだ。連合による模擬店の初出店など新しい取り組みも予定し、地域と施設が一体に。「10周年はいい機会だったのかも」

 ○…目下の課題は利用人数の低下。10年間の統計を取ってみると、部屋の利用率が横ばいであるのに対して利用人数は下降の一途。利用者の多くは高齢者だが、様々な世代の人にも足を運んでもらおうと細かな心配りを行っている。最近では子育て中の母親が気軽に休めるようにと、普段は碁を楽しむ場の娯楽室に沢山の椅子を運び込んで子どもと保護者に開放。「ちょっとしたことが利用の拡大につながる。機械的に業務するのでなく、その都度需要を聞いていければ一番いい」。柔軟な発想で利用者の期待に応えていく。

 ○…会話の中で「広がり」としきりに口にする。その広がりとは多くの人に施設を利用してほしい気持ちの表れだ。「館と利用者のコミュニケーションがあるからこそ広がりがある」。利用者との間で何げなく交わされる「ありがとう」の言葉に確かなつながりを感じている。次の10年は「赤ちゃんからお年寄りまで誰もが安心して利用できる施設」を目指していく。
 

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

栄区書道協会の会長として18日までリリスで20回目の作品展を開いている

柳田 煌海(こうかい)さん(本名・満)

2月15日号

尾上 陽子さん

園長としてNPO法人「こどもの広場もみの木」設立20周年を迎え、リリスで作品展を開く

尾上 陽子さん

2月8日号

宇田川 悟さん

理容師として神奈川県から優良衛生技能者表彰を受けた

宇田川 悟さん

2月1日号

澤部 哲矢さん

神奈川県剣道連盟の副理事長などを務め、県の体育功労者として表彰された

澤部 哲矢さん

1月25日号

長谷川 敏雄さん

港南図書館で2月に講座「戦後『日本地形図』の歴史秘話」を開く

長谷川 敏雄さん

1月18日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月11日号

港南区・栄区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク