港南区・栄区版 掲載号:2018年12月13日号 エリアトップへ

栄区囲碁連盟の会長として1月6日に第12回地域交流囲碁大会を開く 三間 修司さん 栄区尾月在住 83歳

掲載号:2018年12月13日号

  • LINE
  • hatena

石の価値は置かれた時に

 ○…栄区囲碁連盟が開く年5回の大会で唯一の団体戦として親しまれている1月の「地域交流囲碁大会」。地域ごとにチームを作り、会員でなくても出場できるとあって毎回120人ほどが腕を競い合う。「個人戦では終盤に諦めてしまうこともあるが、チーム戦では形勢が悪くなっても最後まで踏ん張ろうと思うもの」。仲間と分かち合う勝利の喜びも醍醐味だ。

 ○…囲碁の盛んな栄区には現在、栄区囲碁普及会、楽碁会、日本棋院横浜栄支部という組織が存在しているが、いずれも栄区誕生間もなく設立した囲碁連盟から始まっている。その時々の課題や要望に応えるように運営が続けられ、今大会ではより多くの女性参加を促すきっかけになればと「女流チーム」が初めて結成・参戦する。「雰囲気がよく活気もある。賑やかだったり、和んだり」と楽しみにしている。

 ○…鶴見区育ち。父と3人の兄が碁石を打つ姿を見て育ち、高校生の頃には父が会社から帰るのを待って毎日のように碁盤を囲むのが楽しみだった。学生時代は学校近くの碁会所に通い、会社員となってからは会社のサークルでも碁を打った。「将棋は駒それぞれに役割があるが、囲碁は意味を持たないただの石ころ。それが置かれてはじめて価値が生まれる」――。そんな奥深さに魅せられ、振り返れば70年近く碁石を手にしてきた。

 ○…16年前に妻が亡くなってから「一人で家にいてもしょうがない」と自治会館での囲碁クラブに顔を出すようになった。その時の出会いがきっかけで連盟に入ることとなり、5年前からは会長の役を担っている。「もちろん碁も楽しいけれど、それ以上に、仲間が増えたことがうれしい。幹事会の後の飲み会とかね。囲碁をやっていて本当によかったと思う」

港南区・栄区版の人物風土記最新6

新澤 聖樹さん

上大岡の飲食店と協力し、デリバリーサービス「上大岡Eats」を立ち上げた

新澤 聖樹さん

港南区大久保在住 43歳

5月21日号

竹内 一樹さん

劇団四季『マンマ・ミーア!』横浜公演にスカイ役で出演予定の

竹内 一樹さん

横浜市在住 劇団四季俳優

4月23日号

那須 健二さん

(一社)横浜相撲甚句会の会長を務める

那須 健二さん

保土ケ谷区在住 80歳

3月26日号

杉山 静枝さん

港南区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

杉山 静枝さん

日野南在住 72歳

3月19日号

吉田 健二さん

横浜の街なかで自然体験イベントなどを主宰し、さまざまな雑草の魅力を発信する

吉田 健二さん

神奈川区在住 36歳

3月12日号

坂巻 貴彦さん

プロピアニストとして国内外で演奏活動を行う

坂巻 貴彦さん

上大岡出身 28歳

2月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月4日0:00更新

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク