大和版 掲載号:2015年10月16日号 エリアトップへ

五行歌、日本一に 深見台 中崎あや子さん

文化

掲載号:2015年10月16日号

  • LINE
  • hatena
市内でも歌会を開いている中崎さん
市内でも歌会を開いている中崎さん

 身近な出来事などをつづる「五行歌(ごぎょうか)」の全国大会が9月27日と28日に横浜市で開かれ、深見台に住む中崎あや子さん(72)が最優秀賞の「1席」に輝いた。

 「五行歌」とは、1957年に誕生した「五行で縦書き」というほかに、文字数や季語などの一切の制約がない新しい詩歌形式。現在日本全国に50万人の愛好者をもち、新聞や雑誌などでも投稿コーナーができるなど、幅広い世代で人気が高まっている。

 全国大会には、北海道から沖縄までの愛好家250人が参加。その中から中崎さんの歌「病気療養のため/新たな地で頑張ると/住所のない挨拶状/関わりのはしご外した/老いの絶ち方」が1席に選ばれた。

 この歌は、老人性の病にかかり施設に入居した知人から、住所が記載されていない葉書が届き、老いの絶ち方についての切ない思いをつづったものだという。中崎さんは「1席になるとは思ってみてもいなかった。嬉しさよりも驚きで」と入賞の喜びを語った。

自分の言葉を歌に

 中崎さんは、12年前に新聞に掲載されていた五行歌コーナーを見て、「なんて自由なリズム。私にもできそう」と興味を持ち、独学で歌作りをスタート。すぐに新聞や雑誌にも投稿するようになり、その年に「まちだ相模五行歌会」に入会したという。

 「大和にも歌の輪を広げたい」と2006年に「やまと向日葵五行歌会」も発足させた。現在は14人の会員と生涯学習センターを拠点に月1回の歌会を開き、歌を楽しんでいる。

 「特に情景からいい歌が浮かぶ」とメモは欠かさず持ち歩いているという中崎さん。「その時見た事、感じた事、思った事を自分の言葉で書けるのが五行歌の魅力。多くの人に知ってもらい、仲間を増やしたい」と思いを語った。
 

大和市のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://daviusliving.jp

<PR>

大和版のトップニュース最新6

政府対策に「迅速対応」

大和市

政府対策に「迅速対応」 経済

年内給付「想定して準備」

11月26日号

打ち上げ花火に初挑戦

緑野小PTA

打ち上げ花火に初挑戦 教育

児童に笑顔と思い出を

11月26日号

動画で「つながり」再確認

RUN伴+やまと

動画で「つながり」再確認 社会

「介護の日」から配信スタート

11月19日号

渋谷西ブロック始動

地域安全活動重点地区

渋谷西ブロック始動 社会

防犯・防火意識を地域で徹底

11月19日号

山崎さんに藍綬褒章

山崎さんに藍綬褒章 社会

県銭湯組合長として尽力

11月12日号

東口改札使用開始へ

小田急中央林間駅

東口改札使用開始へ 社会

11月27日午前10時から

11月12日号

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

大和版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook